2006年11月13日

20061104朝まで生テレビ・アンケート結果発表

http://www.youtube.com/watch?v=pGstpwXRmAA

視聴者アンケートで55%が日本の核保有賛成とはたまげた。
外交的に孤立するのがオチの様な気がする。



posted by アマサ at 19:39| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

コマンド・ソロ

コマンド・ソロはEC-130の機体を流用した電子心理戦機。
AM、FM、hf、TV VHF/UHFおよび軍コミュニケーションバンドの放送が可能でグラナダのノリエガ政権打倒やハイチ、イラクで使用された。敵国のTV、ラジオ放送を乗っ取ってしまうおそるべき兵器だ。
北朝鮮みたいな国には効果絶大と思われる。
posted by アマサ at 20:19| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

JDAM

Joint Direct Attack Munition
人工衛星誘導の統合直撃弾、アフガン、イラクで派手に使われたらしい。
GPS搭載誘導弾 許容誤差10メートル以内。
レーザー誘導と違って天候に関係なく使えるのが長所だそうだ。

単価 25000ドル(287万円)

GPS搭載のラジコンボートに関する記事を書いたことがあったけど、ミサイルにも使われてるんですね。

参考http://f15.hp.infoseek.co.jp/jdam.html

北朝鮮の工作員がアキバで電子部品買いあさってるって話があったけど、民生品の軍事転用は結構盛んなようだ。

座礁したキタの潜水艇から日本製品が山ほど出てきたりとか、アメリカの巡航ミサイルやスペースシャトルは日本製の部品ナシでは飛ばないという話もある。

アキバに戒厳令敷いたら戦争止まる?ワケナイカ。

それは冗談としても、キタにカーナビ輸出はやめた方がいいかもね。ぜいたく品だし。
民生品の転用を考えると輸出禁止品が山ほど増えそうな気がする。キリが無い。

経済制裁だけでも巨大な費用と人出がいりそうで困ったものだ。

posted by アマサ at 10:40| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

英軍機嘉手納基地飛来

国連軍機の飛来を通知=キャンプ座間の後方司令部−北朝鮮核実験受け活動

 朝鮮戦争の際、在日米軍基地「キャンプ座間」(神奈川県)に設立された国連軍後方司令部が日本政府に対し、国連軍機として、英国空軍の多目的輸送機2機が沖縄県の嘉手納基地に飛来したと通知していたことが12日、分かった。北朝鮮の核実験を受けての活動とみられる。
 政府筋は「英軍機は国連軍地位協定に基づく補給のため、嘉手納基地を使用している。詳細はコメントする立場にない」としている。
 政府関係者によると、同司令部は日本政府に、英軍の「VC10K3」2機が11日午後に相次いで嘉手納基地に着陸したと通知。同機は北朝鮮の核実験に関する観測や情報収集活動をするとみられる。
 
(時事通信) - 10月12日

( ̄△ ̄;)エッ・・?これってOKなの?沖縄の米軍基地って英軍というか国連軍使用OK?
「詳細はコメントする立場にない」って日本政府はコメントも出来ない?
国連軍って名がつけば日本の米軍基地ってどこの軍隊でも使えるの?


で、検索してみた。

日本は、朝鮮戦争の発生を受けて、1954年に米・英・仏など10ヶ国と「国連軍地位協定」を結んだ(現在は8ヶ国)。この協定に基いて、キャンプ座間に「国連軍後方司令部」が設置され、日本駐在武官の兼務を含めて38人の国連軍将校が詰め、定期的に会合を開いている。在日米軍基地のうち、キャンプ座間・横田飛行場・横須賀海軍施設・佐世保海軍施設・嘉手納飛行場・普天間飛行場・ホワイトビーチ地区の7ヶ所が国連軍基地に指定されている。現在も、必要に応じて、国連軍参加各国が、国連軍基地を使用している。横田飛行場や嘉手納飛行場で、時々フランス軍機などアメリカ軍以外の外国軍機が見られるのは、このためである。この協定によると、国連軍後方司令部は朝鮮半島から国連軍が撤退するまで有効である。

(ウィキペディアから)

!( ̄□ ̄;)ええっ!そうなんだ。朝鮮戦争って休戦というだけで終わってないんだ。
というより、

両国家とも建国以来現在に至るまで、「国境線を敷いて隣接しあった国家」の関係ではなく、あくまで

「ともに同じ一つの領土を持ち、その中に存在する二つの政権(国家)」の関係にある

(ウィキペディア)

らしい。両方国連に加盟してるから「国境線を敷いて隣接しあった国家」かと思ってた。

日本には米軍だけじゃなくて8カ国の軍隊がいるってのも知らんかった。
国連軍ってまだ日本にいたんですね。(・◇・)
posted by アマサ at 22:40| 熊本 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

北朝鮮が「核実験実施」を宣言 

2006.10.03
Web posted at: 18:36 JST
- CNN/AP

ソウル――朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の外務省は3日、自衛力を高め、増大する米国の敵視政策に対抗するため、核実験を実施する、との声明を発表した。時期などは不明だが、AP通信は、朝鮮中央通信の報道として、「将来に実施する」と伝えている。


http://www.cnn.co.jp/world/CNN200610030028.html

ええいショーグンサマの頭はニワトリ並か!!( ̄皿 ̄ )

テポドン騒動のとき、中国、ロシアが制裁には否定的だが、

北朝鮮が核実験に着手した場合、話は異なる

と言ったのを3歩あるいたらもう忘れてやがる。

そんなことされたら、日本は益々憲法改正が加速するじゃねえか!

やっぱつるんでねえ?アベちゃんとキムちゃん。
posted by アマサ at 19:37| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

日中戦争はありうるか?

ちょっと前の「きっこの日記」にML、「週刊オルタ」に掲載されたニュースとして、ネオコン系シンクタンクが「日本と中国を、どのようにして戦争に突入させるか、そのプラン作り」というテーマで「政策研究集会」を開き、そこには安倍晋三氏や前原誠司氏も参加していたというのがあった。

で、未確認情報として、米軍のミサイルを日本に打ち込んで北朝鮮のせいにして一気に日本を軍国化に持っていくというシナリオが書かれていた。

うーん、日本を戦時体制に持っていくには、そのシナリオでいけるかも知れないが、日中戦争まで持っていくとしたらそれだけでは難しいかと思う。

なんでかというと、日本側に日米安保があって、北朝鮮サイドにも「中朝友好協力相互援助条約」てのがある。名称だけみると単なる友好条約のようだが、実際は、中朝のどちらかが攻撃を受けた場合もう一方は軍事援助を実施すると定めた軍事同盟条約なんだそうだ。

つまり、日本と北朝鮮が戦争になれば米中戦争にまで発展しかねない。事実上の第3次世界大戦だ。

それは米国も望むまい。

アメリカはしらんふりというのもあるかも知れないが、そんなことをしたら国際的信用をなくすのは確実で、さすがの日本国民も米軍基地の役立たず、でてけ!ってことになりかねない。

それに偵察衛星を持ってるのは今やアメリカだけではないから完全犯罪はかなり難しい。

6カ国が共同して日本国民をだますのなら可能かもしれないが、米国以外が得をする話とも思えない。

それとも安保理で北への制裁決議が決まって人民解放軍が国連軍として北朝鮮に進駐したりとかもありなんだろうか?

米軍も一応北を空爆してメンツはたてて、日本は戦時体制、憲法改正。韓国はカヤの外。

とにかく米中で先に話をつけてない限りありえないシナリオと思える。
もしネオコンの会議に中国や北朝鮮の人が参加してたりしたら・・・キャー(/;◇;)/

犠牲者が出るのも深刻だが、湾岸戦争で戦費の2割、130億ドルを負担しただけでも増税が必要だったことを思うと寒気がするような話だ。

いったいどれだけふんだくられるか気が遠くなってくる。
勇ましいこと言う人たちは戦争は命と金を食うことを忘れてるんじゃないか?
posted by アマサ at 23:23| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

情報収集衛星打ち上げ成功

 H2Aロケット10号機の打ち上げ成功で、情報収集衛星は3基になり、地球の全地点を1日1回は撮影できるようになった。しかし、地上の物体の識別性能は不十分で、巨額の費用とともに今後の課題となっている。
 光学衛星は地上の1メートルの物体を識別できる望遠鏡を備える。レーダー衛星は、雲がかかっていても地上の様子をセンサーで把握できる。当初目標の2組4基態勢が整えば、対象をより詳細に把握できるようになる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060911-00000102-mai-soci

(毎日新聞) - 9月11日

現在の日本の技術で識別能力が1メートルということはなさそう。米国の圧力があったという話もあるし、実際は10倍の精度という憶測もある。軍事技術に関しては報道を鵜呑みにはできない。

地球シミュレータに情報収集衛星、日本の情報収集処理能力は案外すごいんじゃないか?それを生かせるかどうかは、また別の問題だが。

posted by アマサ at 23:37| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

ラムズフェルドが見たい場面

 ラムズフェルド長官は、「北朝鮮のミサイル攻撃能力が韓国よりも米国にとって脅威になると考えるか」という質問には「分からない」と答弁した。

米国防総省ミサイル局長が

「北朝鮮のテポドン2号が米国に向かって飛んできたとすれば、米軍のMDシステムが迎撃したはず」

と主張したことに関連する質問には、

「そういう場面を見ることを望む」と語った。

(中央日報)2006.08.28

この記事を読んだ限りでは、テポドン2号が米国に飛んできて、それを迎撃する場面を見たいというふうにしか取れない。

発射されないほうがいいと思うんですが・・・。(^ ^;)
posted by アマサ at 09:46| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

クラスター爆弾について

イスラエルのクラスター爆弾使用 米が調査
2006年08月26日10時09分
http://www.asahi.com/special/MiddleEast/TKY200608260068.html

このクラスター爆弾、空自が87〜02年度の16年間で総額約148億円分購入し、現在も保有しているんだそうだ。

http://www.mainichi.co.jp/saiyou/ooji/12.html(毎日新聞)

クラスター爆弾は多数の小型爆弾を広範囲にばらまく広域破壊兵器で、不発弾になった子爆弾が対人地雷と同じように戦闘終結後も被害をもたらすために問題になっている。

対戦車用の装甲貫徹型や気化爆弾タイプもあり大きな破壊力を持つ。

航空自衛隊が数千発を保有というのはどういう状況を想定しているのだろうか?

1個のクラスター爆弾から200個以上の子爆弾が約200×400メートルの範囲に飛散してわずかな衝撃で爆発する。

それが数千発必要な状況というのは、相当大規模な侵攻を想定してのことになる。
しかも不発弾処理の大変な手間を覚悟の上での使用になる。

空自の航空機には侵攻能力はないことになっているから、海外での使用は考えられない。

はて、日本の周辺に多数の機甲部隊を上陸させられる国があったっけ?
最近は中国やロシアの輸送能力も上がっているのだろうか?将軍様のとこは論外かと思うが。

148億円という金額は戦闘機1機分にもならない額だと思うので商売として米国においしいとも思えないが、そうすると一体何のためのものなんだろう?

posted by アマサ at 00:16| 熊本 ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

敵基地攻撃力、5割が肯定的

敵基地攻撃力、5割が肯定的 時事通信世論調査 8月13日

  時事通信社が12日まとめた世論調査結果によると、ミサイル発射基地など敵基地への日本の攻撃能力保有について、5割が肯定的に考えていることが分かった。一方、敵国からの攻撃が差し迫った状況での日本からの先制攻撃は「認めるべきではない」も過半数を占めた。(産経新聞)

『攻撃能力を持つ』のと『先制攻撃をする』の間にはギャップがあるが、能力を持てば使いたくなるような気がする。

臆病なチンピラが『護身用』ナイフで人を刺すようなことにならなきゃいいが、どうかなー。
持つのが刀だったら無礼な相手を『手打ち』にしたくなったりして。

コワいのは武器や能力を持つことで心理やキャラが変わっちゃうことです。
posted by アマサ at 17:42| 熊本 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

レバノンの映像

http://video.google.com/videoplay?docid=-8983450470760185878&q=lebanon

残酷映像注意!
子供の焼死体等の映像も出てきます。戦争の現実を知りたい人は見てください。
気分悪くなってきました。食事前後の人は見ないほうがいいです。

posted by アマサ at 20:01| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

劣化ウラン弾

 元は核廃棄物で天然ウランの6割の放射能を出す。鉛の1・7倍の重量があるため、運動エネルギーが大きく厚いコンクリートや金属も貫通する威力がある上に破片や粉塵が燃え上がるため、対戦車兵器として非常に有効。

コソボ紛争、湾岸戦争、イラク戦争で米軍が大量に使用。

現地の人々だけでなく米兵にも誤射による多数の犠牲者が出ている。破片から放射能が出、粉塵からも出ているため人体への被害は甚大。遺伝子の突然変異を引き起こすという研究もある。

米軍は現在でもなお危険性を否定し続けている。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/060806.html

劣化ウラン弾は嘉手納基地に40万発が貯蔵されている。
http://www.okinawatimes.co.jp/edi/20060804.html
posted by アマサ at 21:38| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

イスラエルVSヒズボラ

 「ミリタリー・バランス」によるとイスラエル軍の規模は日本の自衛隊に匹敵し、陸軍12万5千人海空軍も合わせると16万8千人にも上る。戦車は陸自の3倍以上の3657両、空軍はF15、89機 F16、248機等を保有する。

対するヒズボラはレバノン南部などに約2000名にすぎないが地下施設にこもって抵抗を続けている。

(参考熊日新聞)

イスラエル軍が自衛隊に匹敵することより、自衛隊の戦力ってもし中東に持っていったら最強にあたることに驚いた。どれくらいが適正なんだろう?


イスラエル軍戦車の動画、明るい音楽がかえって不気味。
posted by アマサ at 09:35| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

ロボット兵器 無人潜水艇

 無人機、無人車両などのロボット兵器が既に存在するが、ロボット兵器の海軍ヴァージョンとして無人潜水艇もあるようだ。

ステルス爆撃機B2に似た形状で「全翼型水中グライダー」と言われるもので、海面下での何万キロにも及ぶ航行、極秘の偵察、軍事・民間両面でのデータ収集が可能になるという。

将来はこれらのロボット兵器を少数の人間が遠隔で多数運用するシステムの構築が進んでいるという。

ロボット兵器同士が戦って人間は誰も死なないのならまだしもだが、ロボット兵器が実際に攻撃するのは人間であり、一方的殺戮を可能にするのが目的のようだ。

あー、いかんな。明るい話題探そう。

posted by アマサ at 20:55| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

イスラエル軍の化学兵器使用疑惑

イスラエル軍がガザで化学兵器使用か 死傷者が異常な火傷受ける
 【アルジャジーラ特約11日】パレスチナ医療関係者が11日、明らかにしたところによると、ガザのシファ病院で手当を受けた患者と安置された遺体の火傷が異常であり、イスラエル側が化学兵器を使用しているという疑惑が高まっている。

2006年07月12日15時49分 livedoorニュース

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2191014/detail

化学兵器とあるが、「指向性エネルギー兵器」とか「高出力マイクロウェーブ兵器」とか言われているものによる可能性がある。白燐弾などの化学兵器では焼け焦げはしてもバラバラにはならない。

「遺体のほとんどがばらばらになり、完全に焼けていた」とあり「遺体のX線写真を撮っても、その人の命を奪った砲弾の破片はかけらも見つかりません「と説明、遺体は化学品で焼かれたようにみえると付け加えた。」と記事にはある。

人体をバラバラにし焼け焦げたような状態にする方法として高出力のマイクロウェーブが考えられる。
しかも米軍がこれをイラクで使った節がある。
http://uk.oneworld.net/article/view/136518/1/5795

具体的にはアクティブ・ディナイアル(Active Denial System)通称ADSと呼ばれる。ミリメートルの単位のエネルギー波を発射して、苦痛を与える非殺傷兵器と言われるが、理屈から言えば出力次第で人体をバラバラにするどころか蒸発させることさえ可能なはずである。

電子レンジは、マイクロウェーブが水のような電気を伝えやすい物質を分子レベルで振動させて、熱を発生させる仕組みだ。人体も大半は水で出来ているので、マイクロウェーブを大量にあびれば電子レンジの中のオレンジと変わるところはない。体内の水分が沸騰、蒸発して爆発するわけだ。

実際、みかんを電子レンジで温めれば爆発する。

レイセオン社(アメリカの巨大防衛機器メーカー)の開発によるもので、電子レンジの発明者はレイセオン社で働いていたレーダー設備設置技師パーシー・スペンサーだった。レーダー作動中にポケットの中の食べかけのチョコレートバーが溶けていたことから調理に使用可能と気付いたとされている。

ADSの試作品は大型軍用車『ハンビー』(軍用ハマー)に搭載可能なもので、イラクでそれらしきものが多数目撃されている。苦痛光線とも呼ばれている。公開されているものは非殺傷兵器とされているが、未公開の殺人光線バージョンが存在するのかも知れない。

ロボット兵器に殺人光線、マンガじゃあるまいしといいたいが、21世紀の現実らしい。

そのうちパワードスーツを身に着けた兵士がビームライフルを振り回すようになるんだろうか。そんなのはマンガだけでたくさんだ。


その後見つけた関連サイト

動画
posted by アマサ at 01:52| 熊本 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

中国と北朝鮮の軍事同盟

 1961年に結んだ「中朝友好協力相互援助条約」というのがあるそうで、名称だけみると単なる友好条約のようだが、実際は、中朝のどちらかが攻撃を受けた場合もう一方は軍事援助を実施すると定めた軍事同盟条約なんだそうだ。

ということは、もし朝鮮半島で有事があれば、中国は自動的に巻き込まれるってことなのかな?
だから必死で制裁を回避するよう働きかけた?

中国にとってむしろ危険な条約のような気がする。北が暴走しても付き合うつもりなんだろうか?

posted by アマサ at 14:28| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

リムパックと北朝鮮5

6月19日から26日米軍グアム沖演習「ヴァリアント・シールド2006」
6月26日から7月28日米軍など7カ国ハワイ沖演習リムパック

6月27日朝鮮新報
『看過できないのは、米国が今回の軍事演習開始日を朝鮮戦争を挑発した6月25日と定め、期間も1カ月以上行おうと計画していることである。』

7月5日テポドン発射

7月8日朝鮮新報
『米国が今回、合同軍事演習開始日を朝鮮戦争を挑発した6月25日に合わせた事実は、深刻な憂慮を醸し出していると指摘した。』

7月11日
「リムパックに対抗」ミサイル発射で北朝鮮の外務次官
 【プレトリア=共同】北朝鮮の金衡俊外務次官は11日、同国のミサイル発射は、米軍などがハワイ沖で実施している環太平洋合同演習(リムパック)に対抗したもので「(自衛のための)軍事能力のテストの一部だった」と述べた。訪問先の南アフリカ・プレトリアで記者団に語った。

 北朝鮮高官がミサイル発射の理由にリムパックを挙げたのは初めて。

リムパック後の北朝鮮の発言を拾ってみたが、気になるのはテポドン発射後もリムパックを非難しており、11日の外務次官発言でも「軍事能力のテストの一部」としていること。
まだ、なんかやるかもしれない。
posted by アマサ at 21:01| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リムパックと北朝鮮4

 北朝鮮のミサイル発射の理由は北の外務次官が言うにはリムパックへの対抗措置だという。
 
 弾道ミサイル迎撃実験の成功を危機と感じたと考えるのが普通ではあるが、それにしては、リムパック直前にグアム近海で行われた大規模演習「ヴァリアント・シールド2006」に関しては何も言及していないのはおかしい。

空母キティホーク、ロナルド・レーガン、エイブラハム・リンカーンをはじめ艦艇30隻と、空軍のB-2爆撃機など航空機280機、海兵隊や沿岸警備隊なども含めた将兵22000人が参加するという大規模なもので6月19日から26日まで行われた。弾道ミサイル迎撃実験は6月23日である。

こっちの方が近い分だけ脅威と取られるのが普通だし、迎撃実験への反発なら尚更ヴァリアント・シールドについて抗議しなければならない。

ちなみに迎撃実験に成功したイージス艦シャイローは8月には横須賀を母港として日本に配備される。

となると本当にリムパックの開始日が朝鮮戦争開始日と同じだったのが気に入らなくてテポドン撃ったのだろうか?

そんなあほなやつはおらへんやろ〜〜〜と関西の芸人でなくても言いたくなる。( ̄Д ̄;)
posted by アマサ at 16:27| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リムパックと北朝鮮3

「リムパックに対抗」ミサイル発射で北朝鮮の外務次官
 【プレトリア=共同】北朝鮮の金衡俊外務次官は11日、同国のミサイル発射は、米軍などがハワイ沖で実施している環太平洋合同演習(リムパック)に対抗したもので「(自衛のための)軍事能力のテストの一部だった」と述べた。訪問先の南アフリカ・プレトリアで記者団に語った。

 北朝鮮高官がミサイル発射の理由にリムパックを挙げたのは初めて。

 金外務次官は「米軍などによる軍事演習(リムパック)が実施されなければ、ミサイル発射はなかっただろう」と述べた。

NIKKEI NETから

ありゃりゃ、以前書いた「リムパックと北朝鮮」の記事は珍説のひとつとして読んでもらえればぐらいで書いたのだが、シャレにならなくなってきた。

なんでハワイ沖の演習がそんなに気になるんだろう?
対抗するも何も米機動部隊に勝てるとでも思っているのだろうか?

リムパックと北朝鮮
リムパックと北朝鮮2
posted by アマサ at 15:40| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

リムパックと北朝鮮2

リムパックに対する北朝鮮の反応は奇妙に日付にこだわっている。

6月27日の朝鮮新報は

『看過できないのは、米国が今回の軍事演習開始日を朝鮮戦争を挑発した6月25日と定め、期間も1カ月以上行おうと計画していることである。』

とし7月8日には

『米国が今回、合同軍事演習開始日を朝鮮戦争を挑発した6月25日に合わせた事実は、深刻な憂慮を醸し出していると指摘した。』

とある。

米国の独立記念日にミサイルを発射したのは、報復のつもりだったのだろうか?
朝鮮戦争が始まった日など西側で意識している人間がどれほどいるのかしらないが偶然としか思えない。

これが理由で被害妄想にかられてテポドンをぶっぱなし、世界中からひんしゅくを買ったとしたらあまりにおバカな話ではないか。

ひょっとするともはや論理的思考をしていないのではないか?

日露戦争を描いた司馬遼太郎の「坂の上の雲」に日本軍が毎月同じ日に攻めてくるのでロシア軍が不思議がるシーンがあったが、その理由は過去に攻撃が成功した記念日なので、「縁起がいい」というものだった。

司馬氏はこの程度の頭脳が指揮をとっていれば兵も死ぬであろうと嘆いていたが、それと同じ次元の話かもしれない。

はたまた第2次大戦時ヒトラーが占星術で作戦を立てるものだから軍は無茶苦茶なことをやらされてドイツの敗因のひとつになったという話もある。

呪術的思考をする世襲制の社会主義国というのも前代未聞かもしれない。もっとも旧ソビエトのオカルト好きは有名ではあった。

もし金正日の誕生日や朝鮮戦争が始まった日に首相が靖国に参拝したら大騒ぎしてまたテポドン撃つかもしれない。

呪術的思考はそういうふうに操られやすい。

テポドン音頭
posted by アマサ at 18:04| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リムパックと北朝鮮

リムパックとは環太平洋合同演習。米海軍主催による海軍の軍事演習。ハワイの周辺海域で実施されている。

参加国はアメリカ・イギリス・オーストラリア・カナダ・チリ・ペルー・韓国・日本

今年で14回目になり、6月26日から7月28日 まで1ヶ月にわたり実施中。
参加水上艦艇約40隻(内日本3隻)、潜水艦約6隻(内日本1隻)、航空機約160機(内日本8機)
だが、テポドン発射が予想され護衛艦「きりしま」は参加を中止し、日本近海に引き返した。
「きりしま」はミサイル迎撃実験に参加し、模擬ミサイルの補足・追尾に成功していた。

奇妙なのは北朝鮮の反応

『「わが国を狙った挑発的で危険な火遊びだ」と非難、「侵略者の無謀な挑発には、強力な自衛的措置で断固対応する」と警告する談話を発表した。』

と6月25日毎日新聞朝刊にはある。

何故ハワイ沖で行われる演習が北朝鮮への侵略を狙ったものになるのか不思議だ。どう考えても遠くないか?

ミサイル迎撃実験を脅威と感じたのだろうか?。迎撃は侵略と違うが、先制攻撃が出来なくなる。

って、それじゃ侵略したがってるのはどっちなんだよ?。

テポドン2はハワイ沖をねらったが失敗したものという説も流れた。
いったいハワイ沖に北朝鮮のどんな利害が存在するのか。
まさかソナーによる鯨被害を心配してるとも思えないが。
いっそハワイ沖まで飛んで米軍が迎撃してしまったら笑えたのだが。

万一「真珠湾」に命中でもしようものなら。「リメンバー・パールハーバー」の再現になってアメリカは大喜びで攻めて行くような気がするのだが、何故そんなに墓穴を掘りたがるのか不思議だ。

金正日は海外の防衛関連の株や石油・金の先物にでも投資してるんじゃないか?。究極のインサイダー取引になるが(笑)

原油が値上がりすればロシアもブッシュも喜びそうだし。おいらも防衛関連株買っておけばよかったかな。買えないけどね。

今回は犠牲者出てないからいいようなものの、戦争になりました儲かりましたってのは、いくら金に困っててもやばいような気がする。

サイボーグ009の悪役じゃあるまいしねえ。

posted by アマサ at 12:23| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

中国、2年後に空母配備か 海南島、台湾・南沙に圧力

 【ワシントン=山本秀也】在米の中国語誌「多維月刊」(電子版)は一日、中国が二年後をメドに初の空母導入に踏み切ると報じた。大連のドックで改装作業が進む旧ソ連製の六万トン級空母ワリヤーグが一番艦として転用され、南シナ海の海南島三亜に配備されるとしている。

 中国の空母導入をめぐる動きについては、三月に米議会で開かれた軍事専門家による公聴会でも、ワリヤーグを含めた六万トン級艦艇の配備を確実視する分析が示されていた。


 三亜を母港とする空母戦闘群の配備が事実とすれば、台湾海峡のほか、六カ国・地域が領有権を争うスプラトリー(中国名・南沙)諸島や付近を通る日本のシーレーン(海上交通路)に対する重大な軍事圧力となる。


「権威ある消息筋」の話として同誌電子版が伝えた計画では、駆逐艦など随伴艦多数が戦闘群に加わる。


 艦載機については、中国ですでにライセンス生産されている「スホイ27」と伝えており、同型機を艦載型に改造した機種を想定しているもようだ。

2006年 5月 3日 (水) 産経新聞

2年後とは予想以上に早い。まさかワリャーグを本当に使うとは、しかも1隻ではない?
スホイ27ってスキージャンプ甲板で使えるのか?
対艦ミサイルを山ほど積んだ空母と巡洋艦の中間みたいな怪しいフネらしい。
実際の脅威かどうかはなんともいえないが、今も昔も軍艦は国力の象徴にはなるんだろう。ステイタスと砲艦外交の道具かな?

関連記事http://yanenoueno.seesaa.net/article/13020158.html
posted by アマサ at 08:48| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。