2007年03月21日

フィギュアスケート世界選手権2007男子SP TV観戦

全体に荒れ模様。織田君、緊張しすぎて糸が切れてしまったかのような演技で14位。

ランビエールもモチベーションの低下から前の大会を欠場していたそうだけど、世界選手権だけはと出てきたがコケまくって6位。

前回の雪辱を目指すジョニー・ウィアーは静かな闘志を感じさせいい演技だった。4位。

高橋大輔も適度の緊張感を保持した演技で3位。

ブライアン・ジュベールが迷いのない演技で現在トップ。

精神面がモロに結果につながる様な大会と感じた。4回転跳べるだけではどうにもならない世界になっているようだ。


posted by アマサ at 20:55| 熊本 | Comment(2) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

フィギュアスケート世界選手権2007ガイド

フィギュアスケート世界選手権2007完全ガイド
フィギュアスケート世界選手権2007完全ガイド


早くも本が出たようです。放送予定も公開されてる。

J SPORTS Plusで生放送 3月20日からフジテレビで放映、女子はSPが3月23日、フリーが24日。

http://www.worlds2007.jp/j/index.htm

とにかく出場選手がベストの状態なことを祈ります。
特にミキティ!今度こそベストのコンディションでたのんます。
posted by アマサ at 02:34| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月04日

アジア大会中野友加里が金

冬季アジア大会第6日目、女子フィギュアで中野が金
 2日、第6回冬季アジア大会第6日目が中国吉林省の長春などで行われた。

 フィギュアスケート女子フリーでは、ショートプログラム(SP)で2位だった中野友加里が、合計162.38点で優勝を果たした。SPで首位だった村主章枝は2位、沢田亜紀は5位となった。
(02/03 11:34)IBtimes
http://jp.ibtimes.com/article/sports/070203/4108.html

うーむ、中野、村主が僅差で優勝を争ったということしか分からない。TV放送ないのが残念。雑誌情報でも捜してみるかな。
posted by アマサ at 18:34| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

ミキティ ユニバ欠場

フィギュア:安藤美姫、ユニバ欠場 右肩治らず
 フィギュアスケート女子の安藤美姫(トヨタ自動車、中京大1年)が右肩のけがを理由に、代表に選ばれていたユニバーシアード冬季競技大会(17−27日、イタリア・トリノ)を欠場することが12日、分かった。日本オリンピック委員会(JOC)から同日午後に正式発表される。
毎日新聞 2007年1月12日 10時32分 (最終更新時間 1月12日 14時03分)

http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/feature/news/20070112k0000e050028000c.html

先日の3位以内に入れればという弱気な発言はこれが原因だったんだ。
あせらず完治させてベストコンディションで4回転に挑んで欲しい。
トリノの前にあんな無茶なスケジュールをこなさなくてよければと今さらながら悔しい。
バンクーバーを標的に気長にやってくれればと思う。
posted by アマサ at 21:08| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

2006フィギュアスケート全日本女子フリーTV観戦

《キタ━━━(◎∀◎;)━━━!!!!!》真央211.76点 歴史的瞬間を見てしまった。
世界選手権ではこれ以上の演技をとか言ってた。ひええ。

(>_<)ミキティ肩外れても最後まで滑りきって185.65で2位。大丈夫、世界選手権ではクアドラブルで200点台だ!強くなった。(つ∀` )

3位中野 
努力は報われるものだと思わせてくれるいい選手ですね。179.72

4位村主 
まだまだ進化中。何をやるか分からないところがいい。172.56

5位恩田 
今後、何をやればいいのか分かっているふうなので心配なさそう。163.30

12位太田(つ∀`*)出ました由希奈イナバウアー。よくぞここまで回復してくれた。
来年が楽しみだ。142.62
右足首のリハビリつながりで贔屓にしてます。

結果一覧
http://www.skatingjapan.jp/National/2006-2007/Figure/national/J/data0290.htm
posted by アマサ at 21:03| 熊本 ☀| Comment(1) | TrackBack(11) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

2006全日本フィギュア女子SPTV観戦

1位浅田真央 
まるで重力がないかのように軽々と跳んでいた。実は飛べるんじゃないか(笑)

2位安藤美姫 
今回も鳥肌級演技、集中力がすごかった。明日の体調以外心配なさそう。

3位中野友加里 
表現力に磨きがかかり自身に満ちた演技。練習量が感じられた。

4位恩田美栄 
ジャンプのレベルを保ったままで他の部分も丁寧にやってきていた。まだ先がありそう。
もう少し続けてみてもいいんじゃなかろうか。なんかまだ潜在力を残しているような感じ。

5位村主章枝 
ジャンプの失敗で5位だったが、気迫溢れる演技。ボレロが似合う選手になってきた。なんか風格のようなものを感じる。

6位浅田 舞
おおっ、進化している。力強さが増した。次第に個性がはっきりしつつあって興味深い。

7位太田由希奈
観れてとにかく嬉しかった。なんと品のあるスケートか。上品なフェロモン?が心地よい。完全復活してほしいものだ。

順位不明 村元小月 ジュニアの中で印象に残った。成長を待ちたい。
posted by アマサ at 21:29| 熊本 ☁| Comment(1) | TrackBack(5) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

フィギュアスケート全日本選手権開幕

男子SPは高橋大輔が首位、織田信成が2位。
とりあえず順当。
(2006年12月27日22時16分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/sports/winter/news/20061227ie33.htm

やはり気になるのは女子。ミキティ、練習では4回転を何度か成功させているようだ。
他の選手の体調や対策はどうなんだろう?

昨年の全日本は本当に凄かった。170点台でも6位に入るのがやっとという大激戦。
浅田真央はもとより恩田や中野もすばらしい滑りをみせていた。
あれから1年それぞれの進化をみてみたい。

エントリーを見たら太田由希奈選手の名前もあった。
とうとうここまで来たんだ。
http://www.skatingjapan.jp/National/2006-2007/Figure/national/J/data0200.htm

復活を目指す選手がやたら気になるのは、自分もリハビリ中のせいかとやっと気づいた。


放送予定http://figureskating.weblogs.jp/blog/
posted by アマサ at 22:57| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

シンクロナイズドスケーティング

シンクロナイズドスケーティング

http://www.youtube.com/watch?v=10cbHTp7DL4

集団イナバウアー!?
2006年はフィンランドで大会が開かれたそうです。
posted by アマサ at 08:47| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

フィギュアスケート選手体調不良の原因はノロウイルス?

ノロウイルス大流行 フィギュアスケート選手も感染か

ノロウイルスの電子顕微鏡写真=愛知県衛生研究所提供 ノロウイルスが原因でおう吐、下痢などを起こす感染性胃腸炎が大流行している。国立感染症研究所が全国約3000の小児科で実施している調査によると、11月27日〜12月3日の患者報告数は1地点あたり21.8人を記録し、81年の調査開始以来、最多を更新した。患者数は例年の2.5倍にものぼるという。

 この流行のさなか、ロシアのサンクトペデルブルグで行われたフィギュアスケートの世界一決定戦「グランプリファイナル」でも、腹痛が選手を襲った。安藤美姫、高橋大輔の両選手が、腹痛と吐き気のために、フリープログラムで本領を発揮できなかったという。安藤選手は5位に終わり、高橋選手は2位だった。
MSNニュース
http://www.mainichi-msn.co.jp/tokusyu/everyone/news/20061218mog00m040001000c.html

ミキティ、エキジビジョンにも出られない状態らしい。
全日本までに復調すればいいが、10日も無い。女子は12月28日だ。難しいか?
posted by アマサ at 20:51| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

GPファイナル・フリー 選手の体調に異変続出で大混乱

 浅田真央がトリプルアクセルで転倒し、3回転―3回転の連続ジャンプは単発。さらに3回転ルッツが1回転になるなどして2位。

安藤美姫は体調を崩し演技直前の6分間練習では、腹痛を覚え、震えがきたという。最初の連続ジャンプが1回転の単発に終わり以後も次々にジャンプ・ミスし5位 。

村主章枝はフリーで巻き返し4位。

キム・ユナが自己ベストに近い点数で優勝したという。
そのキムも2週間前、原因不明の腰の激痛で病院に病院に駆け込んでいる。SPは「我慢できないほどの痛み」を抱えていたという。

昨日のTV観戦で感じた違和感の原因はこれだったんだ。

男子は高橋大輔が2位、織田信成も3位に入った。
高橋も体調は悪かったそうだ。

もしかすると今のルールは人間の限界を超えないと勝てない仕組みになっていて、体調を保つのがものすごく難しい競技になってるんじゃないか?
表現力中心の以前のルールは不正の温床になったが、技術点中心の今のルールは肉体の負担が重すぎるのではないか?

スケジュールの過密さも問題。バンクーバーまで長いサバイバル・レースが続く。
ペース配分失敗すればどんなに実力があっても勝てないのでは?

参考スポニチアネックス
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2006/12/17/01.html
毎日新聞
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20061217&a=20061217-00000001-mai-spo

TV観戦
posted by アマサ at 09:30| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

2006GPファイナルSP TV観戦

男子

1位ブライアン・ジュべナール 007のテーマに乗って演技、面白い。4回転をポンポン飛ぶ。すごい!

2位高橋 調子よさそう。明日が勝負。
3位プレオベール 知らない選手。
4位織田 珍しく転倒 リラックスしすぎと苦笑していた。集中しないと負けるぞ。

女子は演技順に評価

サラマイヤー
別名スピンヴィーナス アランフェス協奏曲で演技
きれいな演技で優勝したロシア大会よりよかった。59・46

村主章枝 銀盤のプリマドンナ
命を燃やすと宣言 お馴染みのボレロ
ダブルアクセルに失敗 55・14
集中切れたと言っていた。フリーではユーモアのあるスケートをお見せしたいって言ってたけど、はて?

キム・ヨナ 韓国の天才少女
曲はムーランルージュ
イナバウアーからのダブルアクセルを見せる。
うーん、すごいんだけど奇妙な違和感。なんだろうな?どこか不健康な感じがする。
気のせいとは思う。
65・06

浅田真央
ショパンのノクターン
課題のスピンもかなり改良された。アメリカ大会でレベル1だったスピンがレベル3になった。ジャンプも全て成功。きましたねー。
69・34

ユリア・セベスチャン 東欧の伊藤みどり
シューベルトのセレナーデ 舞い上がるジャンプが武器だが、今日はミス連発。
49.50

安藤美姫
シェヘラザードで演技
最高難度のトリプルルッツ+トリプルループを決める。
レベル4のスパイラル、情熱のステップラインシーケンス、勝ちにきてるなぁ。ステップでちょっとつまづいたけど、キレもスピードも十分だったと思う。
67・52でパーソナルベスト

結果
1位浅田真央
2位安藤美姫
3位キム・ヨナ
4位サラ・マイヤー
5位村主章枝
6位ユリア・セベスチャン

バスの遅れで村主らのウオーミングアプの時間がたりなかったらしい。
明日のフリー、真央、美姫どっちかな?190点台かそれ以上の戦いになりそうだ。
posted by アマサ at 21:34| 熊本 ☁| Comment(1) | TrackBack(6) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

フィギュアスケートに関する本

1. Colors. -- あおば出版, 2006.2
COLORS―フィギュアスケート男子シングルフォトブック
COLORS―フィギュアスケート男子シングルフォトブック


2. Cutting edge. -- DAI-X出版, 2005.12
Cutting Edge―日本男子フィギュアスケートオフィシャルファンブック
Cutting Edge―日本男子フィギュアスケートオフィシャルファンブック


3. Overcome / アレクセイ・ヤグディン,リンダ・プラウズ[他]. -- 周地社, 2005.1
4. Stay gold. フィギュアスケート編 / 松岡修造. -- ナナ・コーポレート・コミュニケーション, 2003.4
5. 五十嵐文男の華麗なるフィギュアスケート / 白石和己[他]. -- 新書館, 1998.11. -- (エトワールブックス)
6. おそれたまえ百万人の隠れ王を / 相星雅子. -- 随筆かごしま社, 2005.1
7. オール・アバウトフィギュアスケート. -- ぴあ, 2005.11. -- (ぴあmook)
8. 開学十五周年記念論文集 / 梅花女子大学紀要委員会. -- 梅花女子大学, 1980.3
9. 子ねずみフィーのフィギュアスケート / ナタリア・デュボア[他]. -- ブックスワールド, 1996.4
10. 最新フィギュア・スケート技術百科 / ヨゼフ・デェディッチ[他]. -- ベースボール・マガジン社, 1978.11
11. 女子フィギュアスケート / 八木沼純子. -- 角川書店, 2006.1. -- (角川oneテーマ21 ; C-104)

12. 魂まで奪われた少女たち / ジョーン・ライアン[他]. -- 時事通信社, 1997.12
魂まで奪われた少女たち―女子体操とフィギュアスケートの真実
魂まで奪われた少女たち―女子体操とフィギュアスケートの真実


13. 同志社大学体育会フィギュアスケート部創部70周年記念誌 / 同志社大学体育会フィギュアスケート部OB会. -- 同志社大学体育会フィギュアスケート部OB会, 2002.6

14. 日本女子フィギュアスケートオフィシャル応援ブック. 2006 / 実業之日本社. -- 実業之日本社, 2005.10. -- (ブルーガイド・グラフィック)
日本女子フィギュアスケートオフィシャル応援ブック2006

15. 日本女子フィギュアスケートオフィシャル応援ブック / 実業之日本社. -- 実業之日本社, 2004.11. -- (ブルーガイド・グラフィック)
16. 日本フィギュアスケートトリノ五輪&世界選手権応援ブック / 実業之日本社. -- 実業之日本社, 2006.2. -- (ブルーガイド・グラフィック)
17. 氷上のアーティストたち / 八木沼純子. -- 日本経済新聞社, 2005.11
日本フィギュアスケート 氷上のアーティストたち
18. フィギュアスケート / 上野衣子,平松純子. -- 成美堂出版, 1984.1
19. フィギュアスケート / 上野衣子,平松純子. -- 成美堂出版, 1994.11
20. フィギュアスケートdays. v.0. -- DAI-X出版, 2006.5
21. フィギュアスケートへの招待 / ダンスマガジン. -- 新書館, 1998.1. -- (エトワールブックス)
22. フィギュアスケートへの招待 / ダンスマガジン. -- 新版. -- 新書館, 2000.12. -- (エトワールブックス)
23. フィギュアスケートへの招待 / ダンスマガジン. -- 新書館, 2004.2. -- (エトワールブックス)

24. フィギュアスケート王国ロシア / 村田隆和. -- 東洋書店, 2006.2. -- (ユーラシア・ブックレット ; no.86)
フィギュアスケート王国ロシア
フィギュアスケート王国ロシア


25. フィギュアスケート選手名鑑. 2006. -- 新書館, 2005.12
フィギュアスケート選手名鑑〈2006〉
フィギュアスケート選手名鑑〈2006〉


26. フィギュアスケートトリノ五輪完全ガイド. -- 晋遊舎, 2006.1. -- (Shinyusha mook) 27. フィギュア・スケート入門 / 有坂隆祐. -- 万有社, 1953
28. フィギュアスケート入門 / 佐藤信夫. -- 講談社, 1974
29. フィギュアスケート入門 / 佐藤信夫. -- 改訂新版. -- 講談社, 1985.12. -- (講談社スポーツシリーズ)
30. フィギュアスケートの魔力 / 梅田香子,今川知子. -- 文藝春秋, 2004.11. -- (文春新書)
31. フィギュアスケート・ミュージック・コレクション / デプロ. -- デプロ, 2006.5
32. ワールド・フィギュアスケート. 10 / ダンスマガジン. -- 新書館, 2003.4
33. ワールド・フィギュアスケート. 2 / ダンスマガジン. -- 新書館, 2000.5
34. ワールド・フィギュアスケート. 3 / ダンスマガジン. -- 新書館, 2000.12
35. ワールド・フィギュアスケート. 4 / ダンスマガジン. -- 新書館, 2001.2
36. ワールド・フィギュアスケート. 5 / ダンスマガジン. -- 新書館, 2001.10
37. ワールド・フィギュアスケート. 6 / ダンスマガジン. -- 新書館, 2001.12
38. ワールド・フィギュアスケート. 7 / ダンスマガジン. -- 新書館, 2002.4
39. ワールド・フィギュアスケート. 8 / ダンスマガジン. -- 新書館, 2002.10
40. ワールド・フィギュアスケート. 9 / ダンスマガジン. -- 新書館, 2002.12
41. ワールド・フィギュアスケート. no.11 / ダンスマガジン. -- 新書館, 2003.10
42. ワールド・フィギュアスケート. no.12 / ダンスマガジン. -- 新書館, 2003.12
43. ワールド・フィギュアスケート. no.13 / ダンスマガジン. -- 新書館, 2004.3
44. ワールド・フィギュアスケート. no.14 / ダンスマガジン. -- 新書館, 2004.5
45. ワールド・フィギュアスケート. no.15 / ダンスマガジン. -- 新書館, 2004.11
46. ワールド・フィギュアスケート. no.16 / ダンスマガジン. -- 新書館, 2005.1
47. ワールド・フィギュアスケート. no.17 / ダンスマガジン. -- 新書館, 2005.3
48. ワールド・フィギュアスケート. no.18 / ダンスマガジン. -- 新書館, 2005.4
49. ワールド・フィギュアスケート. no.19. -- 新書館, 2005.10
50. ワールド・フィギュアスケート. no.20. -- 新書館, 2005.12
51. ワールド・フィギュアスケート. no.21. -- 新書館, 2006.2. -- (ダンスマガジン別冊)
52. ワールド・フィギュアスケート. no.22. -- 新書館, 2006.3. -- (ダンスマガジン別冊)
53. ワールド・フィギュアスケート. no.23. -- 新書館, 2006.4. -- (ダンスマガジン別冊)
54. ワールド・フィギュアスケート / ダンスマガジン. -- 新書館, 1999.12

某図書館のHPで検索したらこれだけ出てきた。書籍が約30冊、雑誌が20冊程度
思ったより少ない。今世紀出版の分だけでも読破すれば立派な評論家になれるかも(笑)

フィギュアスケートDays〈Vol.1〉
フィギュアスケートDays〈Vol.1〉

最新観戦ガイドならコレ!
posted by アマサ at 14:33| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

NHK杯女子フリーTV観戦

 ものすごいレベルの闘いだった。真央1位、村主2位、中野3位だったんだけど。

(◎◇◎)真央は199・52点
せ、世界記録!!スルツカヤもコーエンも抜いてしまった。200点は目の前だ!

村主179.31、中野160.93も他の大会であれば優勝レベルの点数だった。
村主の演技はこれが競技である事をすっかり忘れさせる程のもので、バレエを見ているようだった。
あそこまでいくとジャンプもスピンもどうでもよくなっちゃって点数が出たときにキョトンとしてしまった。Σ(・□・)ハッ!!
COSさんの気持ちがだいぶ分かったような気がする。
アイス・ショーの村主を観たくなった。

中野はすこし迷いがあるのかな。明らかにレベルは上がってきているが、表現力勝負か身体能力勝負かで迷ってるイメージ。

方丹やズコウスキーもSPよりずっとよくなっていたが、相手が悪すぎた。

現在のパーソナルベストランキング
1位199・52浅田真央 2006NHK杯
2位198・06 イリーナ・スルツカヤ 2005ロシアカップ
3位197・60 サーシャ・コーエン 2003トロフィラリック
4位192.59安藤美姫2006アメリカ杯
5位191・34荒川静香2006トリノ五輪

トリノの荒川が5位というのは信じがたいものがある。

浅田真央は今シーズン不調と言われていたがステップからのトリプルアクセルという超高難度技の試運転中に過ぎなかったことがはっきりした。
安藤美姫はこれに対抗するために4回転ジャンプの復活を目指すものと予想される。一体バンクーバーってどんなレベルの闘いになるんだろう。
posted by アマサ at 21:01| 熊本 ☀| Comment(3) | TrackBack(9) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

NHK杯SP終えて真央1位 村主2位、中野3位

 真央は(◎0◎)うおおおおおお!すげえええええ!って感じで超高難度の技をあっさりいくつもこなしてパーソナルベスト。本領発揮。69.50

村主姫キタ━━━(゜∀゜)━━━!!!!!
久々にゾクゾクさせてくれた。
本当に観て震えが来た。あいやーっすごいある、感動あるって中国人になっちゃいそうだった。61.92で2位だったが主観的には今日のNO,1だった。

中野も前回より一段上のレベルに来てるみたいだった。56.86
全日本選手権の頃には皆さんどうなっちゃうんでしょうね。おそろしくなってきた。
強さのインフレ、ドラゴンボール状態だ。日本選手だけで天下一舞踏会が開けそうだ。

posted by アマサ at 21:00| 熊本 ☁| Comment(1) | TrackBack(6) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

GPファイナル出場 4選手決定残り2枠

ロシア杯の結果、安藤、金妍兒、マイアー、シェベシチェンがGPファイナル出場決定。
残り2枠になった。

Miki ANDO JPN 15+13=28 
SEBESTYEN HUN 15+13=28 
Yu-Na KIM KOR 11+15=26 
Sarah MEIER SUI 9+15=24 

Joannie ROCHETTE CAN 15+9=24
Kimmie MEISSNER USA 13+11=24

Fumie SUGURI JPN 13 
Yukari NAKANO JPN 13 
Mao ASADA JPN 11

http://www.isufs.org/events/gp2006/gpsladies.htm

点数よりも順位がポイントに反映されるため大混戦になっている。
NHK杯で優勝しないと浅田真央がGPファイナルに出られないという奇妙なことになってきた。2位で13点プラスしても24点、同点が多数いるため過去の優勝等の実績が問題になる。

ロシェット、マイズナー、村主、中野、浅田真央の5人のうち二人が出場できる。
この際この5人で決定戦をやってもらえると狂喜するんだが、ないよねー。

NHK杯には日本の3人の他コストナー、ゲデヴァニシビリ、ズコウスキーなんかもでるようだ。


posted by アマサ at 14:20| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシア杯女子フリー 恩田3位、沢田5位

 フィギュアスケートのロシア杯第2日は25日、モスクワで男女フリーなどを行い、女子ショートプログラム(SP)で6位と出遅れた恩田美栄(東海学園大職)はフリーで高さのあるジャンプを披露し、合計143・60点で3位となった。

 SP7位の沢田亜紀(京都・京都外大西高)も安定した演技を見せ、142・04点の5位に入った。ミスのない内容だったサラ・マイアー(スイス)が159・17点でSP3位から逆転優勝した。
[ 2006年11月25日 23:17 スポニチアネックス ]

http://www.sponichi.co.jp/sports/flash/KFullFlash20061125037.html

1 Sarah MEIER SUI 159.17 3 1
2 Julia SEBESTYEN HUN 146.75 1 5
3 Yoshie ONDA JPN 143.60 6 2
4 Elena SOKOLOVA RUS 143.11 2 6
5 Aki SAWADA JPN 142.04 7 3
6 Kiira KORPI FIN 137.41 9 4

9 Alissa CZISNY USA 121.21 8 10
http://www.isufs.org/results/gprus06/SEG004.HTM

恩ちゃんの高いジャンプがかえってきた。パーソナルベストでは166点も出している選手。
自己最高を更新できれば、もっと上にいけるはず、引退は気が早いと思うぞ。
posted by アマサ at 01:18| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

ロシア杯SP終えて恩田6位発進

SPで恩田が6位、沢田7位・フィギュアGPロシア杯
 【モスクワ24日共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦、ロシア杯は24日、当地で開幕し、女子ショートプログラム(SP)でベテランの恩田美栄(東海学園大職)とGPシリーズ2戦目の沢田亜紀(京都・京都外大西高)は45・56点の同得点だったが、要素点で上回った恩田が6位、沢田が7位となった。

nikkei net

http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20061124SSXKF077924112006.html

SP終えての首位はハンガリーのセヴァスチャンだそうだ。
2位 ソコロワ
3位 サラ・メイヤー

1 Julia SEBESTYEN HUN 54.36 1
2 Elena SOKOLOVA RUS 52.08 2
3 Sarah MEIER SUI 50.92 3
4 Arina MARTINOVA RUS 49.46 4
5 Viktoria VOLCHKOVA RUS 47.50 5
6 Yoshie ONDA JPN 45.56 6
7 Aki SAWADA JPN 45.56 7

http://www.isufs.org/results/gprus06/CAT002RS.HTM
posted by アマサ at 09:08| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

フィギュアスケート パーソナル・ベストランキングの変動

トリノ以前、昨年までのパーソナルベスト上位10人
(寧静至遠さんのブログから)
http://gigusuzg.blog39.fc2.com/blog-category-14.html

1位198.06 スルツカヤ 2005ロシアカップ
2位197.60 コーエン  2003トロフィラリック
3位189.62 浅田真央  2005GPファイナル
4位182.19 荒川静香  2003スケートカナダ
5位182.08 村主章枝  2003GPファイナル
6位178.77 カーク   2003スケートアメリカ
7位177.81 ソコロワ  2006ヨーロッパ選手権
8位175.20 クワン   2005世界選手権
9位174.12 キム・ユナ 2005JGPファイナル
10位174.11 コストナー 2005世界選手権

トリノ以降の上位入賞者

トリノ
荒川静香191・34
サーシャ・コーエン183・36
イリーナ・スルツカヤ181・44
村主章枝175・23

アメリカ杯
安藤美姫192.59
キミー・マイズナー177.78
浅田真央177.33

カナダ杯
ジョアニー・ロシェット173・86
村主章枝168・76
金妍兒168・48

中国杯
ユリア・セベスチャン153・80
中野友加里151・27
エミリー・ヒューズ151・12

フランス杯
金妍兒 184・54
安藤美姫 174・44
キミー・マイズナー 158・03
ジョアニー・ロシェット 151・52

従って現在では
1位198・06 イリーナ・スルツカヤ 2005ロシアカップ
2位197・60 サーシャ・コーエン 2003トロフィラリック
3位192.59安藤美姫2006アメリカ杯
4位191・34荒川静香2006トリノ
5位189・62浅田真央2005GPファイナル
6位184・54金妍兒2006フランス杯
7位182.08 村主章枝  2003GPファイナル 

トリノは村主選手が当時の歴代7位の記録でもメダルに届かなかった恐ろしい大会だったんですね。GPシリーズだったらどれに出てもメダル圏内の高得点だった。

現在勢いがある美姫、真央、キムはGPファイナルで190点代狙ってくるんじゃなかろうか。バンクーバーでは200点取らないと勝てない?!

posted by アマサ at 14:46| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

フランス杯女子フリーTV観戦

1位キム・ヨナ 184.54
うーん強敵ですね。キレがある。

2位安藤美姫 174.44
前回の鳥肌が立つような演技ほどじゃなかったけど、まずまず良かった。
とりあえず、グランプリファイナル進出決定

3位キミー・マイズナー 158.03
フリーはすごくよかった。さすがはチャンピオン。

4位ジョアニー・ロシェット 151.52
前半のジャンプをことごとく失敗するも後半持ち直した精神力はさすが。

その他の選手の結果
http://www.isufs.org/results/gpfra06/CAT002RS.HTM
posted by アマサ at 21:03| 熊本 🌁| Comment(4) | TrackBack(2) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太田由希奈選手の近況

 ミキティの復活も嬉しいんだけど、もう一人復活が待たれる太田由希奈選手に関する記事を探していたらMSNにこんな記事があった。

http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/spodol/graph/014/

06年は近畿選手権6位西日本選手権3位、今年は全日本選手権まで頑張るそうだ。
右足首のけががなければ、トリノに出ていたと思われる天才スケーター。バンクーバーまで3年かけての復活は十分ありうると思う。
posted by アマサ at 10:16| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

フランス杯 ミキティ2位発進

(11/17)安藤美姫はSP2位・フィギュアのフランス杯
 【パリ17日共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、フランス杯は17日、当地で開幕し、女子ショートプログラム(SP)は第1戦のスケートアメリカでGP初優勝した安藤美姫(トヨタ自動車)が65.02点で2位につけた。トップは世界ジュニア選手権覇者の金妍兒(韓国)で65.22点。

http://sports.nikkei.co.jp/news.cfm?i=2006111800743n0&t=ski

日経スポーツ

安藤選手「SP終えて1位だと緊張するので2位で良かった」と言う余裕ぶりだったそうだ。
キム・ユナも進化している模様、トリプルアクセル養成装置の成果はいかに?
明日のフリーは放送もあるようなので楽しみ。

posted by アマサ at 17:36| 熊本 ☔| Comment(2) | TrackBack(2) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

中国杯女子フリー

1位ユリア・セベスチャン153・80
2位中野友加里151・27
3位エミリー・ヒューズ151・12
4位キョ・ヒンシュ

浅田舞6位
沢田亜紀8位

スロースターターの選手が集まっちゃったのかな?いい時はこんなもんじゃないでしょ?みたいな選手が多かった。ノーミスの演技が皆無という大荒れの大会になった。

特にソコロワ!スロースターターで有名ではあるがなんだかなー。
中野友加里も2位ではあるが151・27って170点台出せる選手。

先は長いんで気長に見るかな。思いがけずTVで見れて嬉しかった。
浅田舞と沢田亜紀の成長ぶりが収穫だった。
posted by アマサ at 21:04| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

中国杯 中野SP2位 沢田4位

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦の中国杯は9日、南京で開幕し、女子ショートプログラム(SP)で昨季NHK杯優勝の中野友加里(早大)は54・90点で2位につけた。エミリー・ヒューズ(米国)が56・74点で首位に立った。

 沢田亜紀(京都・京都外大西高)が49・98点で4位。浅田舞(愛知・東海学園高)は47・26点で8位と出遅れた。

[ 2006年11月09日 23:54 スポニチ速報記事 ]

http://www.sponichi.co.jp/sports/flash/KFullFlash20061109047.html

中野友加里は映画SAYURIのテーマにのって『滑るお座敷』と古館に言わしめたが、映画SAYURIは今年2月に中国で上映禁止になったいきさつがあっただけに心配だった。
が、まずまずの評価を得られたようでホッとした。沢田亜紀4位と大健闘。ソコロワはどこなんだ?

フリーが楽しみ。それにしても放送がほしいよー。
posted by アマサ at 00:57| 熊本 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

スルツカヤ引退否定?!

フィギュアスケート、女子シングルの元世界チャンピオン、ロシアのイリーナ・スルツカヤ選手が7日、引退を否定し、競技生活を続けることに含みを持たせました。スルツカヤ選手は7日、アイスショーに出演するため滞在しているアメリカで「まだ終わっていない」と話し、6日に報道された引退を否定しました。そして、「来年1月にロシア選手権があり、その気になれば準備はできる」と話しました。
(11月9日 0時14分)NHK
http://www3.nhk.or.jp/knews/news/2006/11/09/t20061108000235.html

ニッカンスポーツとロイターが引退報道
NHKとデイリースポーツが引退否定報道
ええい、いったいどうなっとるんだ!!?「その気になれば準備は・・」ってのが微妙。

デイリーには
母国ロシアから伝えられた引退報道の内容に、寝耳に水だったというスルツカヤは「ばかげた話。記事を書いた記者に会ってみたい」と話した。

とあるが日付も無いのが気になる。続報を待ちたい。
やけに報道が少ないとは思ったんだよな。こういうときは要注意か。

ちょっと早まったようです。勉強不足でした。失礼しました。m(_ _)m
もう少し様子をみます。
posted by アマサ at 01:00| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

スルツカヤ引退を表明

フィギュア元女王、スルツカヤが引退表明
 フィギュアスケート女子で世界選手権を2度制したイリーナ・スルツカヤ(27=ロシア)が6日、「競技生活は終えた」と引退を表明した。今後はテレビのトークショーの司会を希望している。

http://www.nikkansports.com/sports/f-sp-tp0-20061107-113779.html
[2006年11月7日10時21分日刊スポーツ]

そっか。寂しいけどしょうがないか。全盛期の演技の完成度は他を寄せ付けないものがあったが、五輪の金だけには縁が無かった不運な選手だった。

お疲れ様でした。

アイスショーには行かないのかな?
心臓や病気のお母さんのことを考えると無理か。残念。
posted by アマサ at 17:29| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィギュアスケートグランプリシリーズ2006/2007日程

http://winter-olympic-memories.com/html/home_other/top_news/figure/figure_grand_prix_2006-2007.htm

このサイト便利だ。日程・出場選手からTVの放映予定まで網羅してある。エライ!
posted by アマサ at 16:27| 熊本 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

村主姫歌つきの曲で踊る

底辺で「おーぼーげー」を叫ぶ」さんの記事にもあったんだけど、

村主姫、歌つきの曲で踊ってた!!(・◇・)
NHKニュースで見てビックリ!

ひとつ間違えば減点ものだったけど減点ナシだったそうだ。
やっぱりアーティストですねぇ。完成が楽しみ。
posted by アマサ at 19:37| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(1) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スケートカナダ、ジョアニー・ロシェット大逆転で優勝、村主2位、恩田7位

村主は2位、恩田7位・スケートカナダ第3日
 【ビクトリア(カナダ)4日共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦のスケートカナダ第3日は4日、当地のセーブオンフーズ・メモリアルセンターでフリーを行い、女子はショートプログラム(SP)2位の村主章枝(avex)がフリーも2位で合計168.76点の2位だった。
nikkei net
http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20061105NN000Y02805112006.html

SP5位のジョアニー・ロシェットが大逆転。村主2位、金妍兒(韓国)3位だって。
!!Σ( ̄□ ̄;いったい何がおこったの!?明日のスポーツ新聞にでるかな。
放送が無いのが本当に残念。恩ちゃん少し盛り返したようだ。
posted by アマサ at 12:23| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(3) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

スケートカナダ高橋大輔SP終えて首位

高橋大輔、ショートプログラム首位・スケートカナダ第2日
 【ビクトリア(カナダ)3日共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦のスケートカナダ第2日は3日、当地のセーブオンフーズ・メモリアルセンターで行われ、男子ショートプログラム(SP)は昨季のスケートアメリカでGP初優勝したトリノ五輪代表の高橋大輔(関大)が自己ベストの78.80で首位に立った。

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20061104STXKG004704112006.html

ジョニー・ウェアの76.28点を抜いて1位は立派。
もう一人の強敵ステファン・ランビールは7位だそうだ。
posted by アマサ at 17:46| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

スケートカナダSP終えて村主2位

村主はSP2位、恩田11位・スケートカナダが開幕
 【ビクトリア(カナダ)2日共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦のスケートカナダは2日、当地のセーブオンフーズ・メモリアルセンターで開幕し、女子ショートプログラム(SP)

で昨季の世界選手権2位の村主章枝(avex)は58.52点で2位だった。恩田美栄(東海学園大職)は43.16点の11位と出遅れた。

 首位は世界ジュニア選手権覇者でGPデビューの金妍兒(韓国)で62.68点。
(nikkei net)
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20061103STXKF006903112006.html

むむ、またしてもキム・ユナか。九州で放送ないのが本当に残念。
村主のフリーが気になってしょうがない。

posted by アマサ at 13:57| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。