2009年12月05日

ミキティ五輪内定

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル最終日は5日、東京・国立代々木競技場で各種目の自由が行われ、女子はショートプログラム(SP)首位の安藤美姫(トヨタ自動車)が合計185.94点で2位となり、バンクーバー五輪代表に内定した。男子はSP3位の織田信成(関大)が243.36点で2位に入って同五輪代表に内定。安藤は前回トリノ五輪に続く代表、織田は初の五輪代表となった。


12月5日20時31分配信 時事通信

は〜良かったぁ。実は4年前トリノ大会の後で、『ミキティはバンクーバーできっと勝つ!』とブログに書いちゃったので、出れなかったらどうしようって思いがあった(笑)あの時点で何の保証もなかったわけで、信じて良かった本当。今やほとんど別人みたいに成長してくれたし、これで五輪で勝ってくれたらもう何も言うことはない。(つ∀` )


posted by アマサ at 21:27| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

フィギュアスケートGPファイナル進出者決定

女子の出場者は優勝2回の金妍児(キムヨナ)(韓国)と安藤美姫(トヨタ自動車)のほか、ロシェット、アリョーナ・レオノワ(ロシア)、アシュリー・ワグナー(米)と鈴木。男子は織田信成(関大)、エバン・ライサチェク(米)、ブライアン・ジュベール(仏)、アボット、高橋、ジョニー・ウィア(米)。


(2009年11月22日19時21分

読売新聞

 金妍児、ミキティ、ロシェットは順当としてレオノワ、ワグナー、鈴木明子はちょっとびっくり。
鈴木明子もミキティと同じように荒川静香の演技を見て「私も・・」と思ったくちだとTVで言っていた。改めて荒川静香って偉大だったなと再認識。村主も中野も真央もいない不思議なGPファイナルになった。もっともこの3人が出てたら6人中5人日本人であと一人が金妍児では欧米のファンが泣くところだった。五輪の枠が5人分くらいほしい。(笑)

女子も混戦だけど男子も織田、高橋、小塚みんな大成長している。とにかく怪我なくがんばってほしい。
posted by アマサ at 11:40| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

スケートアメリカ女子:金妍児が優勝 

【レークプラシッド(米ニューヨーク州)小坂大】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦のスケートアメリカ最終日は15日、2種目があり、女子フリーで金妍児(キム・ヨナ、韓国)が計187.98点で第1戦フランス杯に続いて優勝。GPシリーズのポイント上位6選手で争うGPファイナル(12月3〜6日、東京)への進出を決めた。


毎日

 今回も200点を出すのかと思っていたが、フリーでは失敗もあったそうで、彼女も人の子だった。いつも200点というわけではないようだ。フリー1位はレイチェル・フラット、村主章枝は4位。
 
 金妍児がいつもブッちぎるとは限らないことが判明して五輪もようやく面白くなってきた。今回の計187.98点というのも非常に高得点だが、前回のような200点台ほど絶望的なものではない。たとえ200点台でも美姫・真央が絶好調なら十分届く。日本勢の巻き返しに期待したい。
posted by アマサ at 18:24| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

美姫連覇でGPファイナルへ

美姫、逆転V!ファイナル進出決定/フィギュア
11月7日20時28分配信 サンケイスポーツ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦・NHK杯第2日が7日、長野市ビッグハットで行われ、女子シングルで安藤美姫(21)=トヨタ自動車=がフリーで1位となり、合計162.55点で逆転優勝した。安藤はロシア杯に続いてのGP制覇となり、五輪代表選考対象のGPファイナル進出を決めた。


yahoo

 TVで観てた。ファイブコンポーネントをすべて7点以上にもってきた甲斐があって、ジャンプの失敗も問題なし。見事なセーフティネットを作り上げた。これでジャンプが完成すればキム・ヨナとだって戦える。残るはGPファイナルと五輪本番、がんばってほしい。
posted by アマサ at 07:57| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

鈴木明子の逆襲

31日、中国杯最終日(中国・北京=首都体育館)で女子フリーが行われ、SP4位だった鈴木明子(24=邦和スポーツランド)がトップの117・14点をマークして合計176・66点でGPシリーズ初優勝。今季のGPシリーズ日本勢最高得点で、昨季の世界選手権銀メダリストのジョアニー・ロシェット(23=カナダ)らに完勝し、10年バンクーバー五輪代表争いに名乗りを上げた。


yahoo

 おお、きたきた。昨年、摂食障害から立ち直ってNHK杯2位になり、話題になってた娘だ。しかも今季の日本勢最高得点。今年の日本選手権はすごいことになりそうだ。ハイレベルの試合が期待できそう。織田君も安定してきて良かった。
posted by アマサ at 10:34| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

ミキティの変化

4回転「あまり考えてない」 安藤美姫、演技力にかける2009年10月26日21時21分


4回転ジャンプに挑む可能性については「あまり考えてはいない。今までジャンプばかりを考えてスケートしてきたけど、それは間違いだと気づいた」。演技力の安藤を目指す。(モスクワ)


朝日

 これは最近のフィギュアスケートの流れを象徴するような言葉だと思う。一時はジャンプ至上主義の風潮があり、競技内容が曲芸化しそうな雰囲気があったが、本来の氷上バレエにもどり表現力至上主義の時代になってきているのではないか?技術も大事だが曲の解釈等でオリジナリティをだしていかないと勝てない時代になってきたのかもしれない。となると中野や村主ら表現派にとっては有利な時代になるかもしれない。
posted by アマサ at 14:53| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

2009ロシアカップ・フリー TV観戦

 ミキティが貫録勝ち。真央は残念。ちょっと心配してしまったが、4年前のミキティや荒川静香の状況と比べれば、はるかにマシだと思う。
らしくない失敗に、筋肉の疲労が溜まっているのではと物理的な心配をしてしまったが、練習では飛べているので、その辺ではなさそうだ。五輪までまだ3ヶ月以上ある。腰をすえてここは見守りたい。真央・美姫に関しては過去の貯金がすごいので心配ないと思っている。
posted by アマサ at 21:46| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

2009ロシアカップSPTV観戦

 昼間のニュースでミキティ3位真央6位って言ってたけど、二人ともそう悪くはないように見えた。

 ミキティ3位と言っても1,2位との差は1点以内だし、早くもオーラが出てた?から大丈夫そう。

 息を呑むような演技はオリンピックでいい。真央もフランス杯よりはこなれた感じでちゃんと進歩している。ジャンプはあまり気にしなくていいと思う。五輪に間に合えばいい。どっちかというと全体の完成度とか表現力を上げるほうが大変そうだ。世界女王になった時の真央、美姫は観てるのがくたびれるくらいの集中力を出してオーラがビンビンだった。これからだと思う。
posted by アマサ at 20:48| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

浅田真央が特訓

真央フィナーレ出ずロシアで練習

フランス杯では練習でトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を次々と決めながら、ショートプログラムとフリーで計3度挑んで成功は1度だけ。タラソワ・コーチは、本番と同じように通し練習を重視する方針。浅田も「その方がいいと思う。今は練習時間も少し増えたので滑り込みたい」。従来の午前、午後各1時間半の練習時間を、最近は30分ずつ増やしていた。


日刊スポーツ

TVで見た限りじゃ、まだ6・7割ぐらいの出来でのびしろは相当大きいように見えた。今の時点でキム・ヨナと比較しても意味なさそう。プログラムの内容が巨大すぎて完成に時間がかかっているという印象だ。五輪までには仕上がるだろうから、その時の真央を是非見たい。完成すればキム・ヨナと同じ領域にいけるような構成になっていると思う。
posted by アマサ at 10:56| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

フィギュアスケート五輪切符内定はGPファイナル以降

浅田真央(18)=中京大=、安藤美姫(21)=トヨタ自動車=らスターがひしめく注目のフィギュアスケート選考基準が決まった。大きな特色はGPファイナル(12月3〜6日・国立代々木競技場)でメダルを獲得した最上位者を、その時点で内定すること。東京開催の大会で12月5日にもバンクーバー内定第1号が決まる。


また、故障などを理由に全日本選手権までに結果が出なかった場合でも、過去に世界選手権6位以内に入賞した選手ならば選考対象に加えることも盛り込んだ。昨年11月、右ひざの手術を受けた高橋大輔(23)=関大大学院=を救う“大輔ルール”といえそうだ。男女各3枠の代表は強化本部推薦とフィギュア委員会の承認を経て、全日本後に行われる12月27日の臨時理事会で決定する。


スポーツ報知

キム・ヨナの仕上がりが早いようだけど、日本選手はとりあえずGPファイナルまでいかないと始まらない。3枠巡っての激闘が続く。今シーズンは国内選手間の競争すごそう。真央、美姫といえど気を抜ける状況じゃないようだ。
posted by アマサ at 10:42| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

そろそろ近づくバンクーバー

女子の五輪代表3枠の争いは、浅田と安藤がリードし、残り1枠を中野、村主、鈴木が競う展開か。誰が選ばれても強力な布陣で、五輪では日本勢と昨季世界女王の金妍児(キム・ヨナ)、ロシェット、カロリナ・コストナー(イタリア)がメダルを争う展開となりそうだ。


■フィギュアスケートの五輪代表選考

 男女各3枠、アイスダンス1枠。グランプリ(GP)ファイナル(12月3〜5日、東京)で3位以内の日本勢最上位者に内定を出し、全日本選手権(12月25〜27日、大阪)の優勝者も選出。その他は▽全日本選手権3位以内▽GPファイナル進出者▽世界ランキング日本人上位3人−−を対象に競技会得点や演技内容などを総合的に判断する。アイスダンスはキャシー・リード、クリス・リード組(川越ク)の選出が確実。



毎日


 うつ病やってたころは、五輪まであと何日とか宇宙戦艦ヤマトみたいなことやってたのに、最近はさっぱり分からなくなってしまった。なんか日本勢、これから調整みたいな感じだけど、どの選手も本番までにはキッチリ仕上げてきそう。体調が万全なら真央・美姫を擁する日本の戦力は圧倒的だが、何がおこるか分からない世界だから、暖かく見守っていきたい。このブログせめてバンクーバーまでは続けたいって思いで書いてきたから、終わったらどっと脱力するかも。一応五輪はクリアできそうだけど、その後は何を目標にするべきか、そもそも続けるべきか微妙なところ。結構ストレス解消になってるから、むしろやめられないかもしれない。もはやこんなテンプレート使ってる人いないだろうなと思いつつスタイルも5年くらい前のままだ。細々続きそう。4年前心筋梗塞で入院中にミキティの演技に何度も勇気付けられたから、バンクーバーまで、とにかく応援すると決めている。


五輪の日程は2010年2月12日、B.C.Placeでの開会式に始まり、同28日まで17日間の予定
posted by アマサ at 16:57| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

フィギュア国別対抗戦日本は3位

 あー面白かった。国別は3位だったが真央が201.87で初の200点超え。ミキティは4回転に挑戦するもこける。けど、挑戦できただけでもよしとしよう。来季は決めてくれると思う。

1位米国2位カナダ。米国の女子シングルの二人が普段以上の力を出していた。ロシアのレオノワがスルツカヤとソコロワの両方を連想させる演技でこれからが楽しみ。

日本のペアの女子選手がかわいいと思ったらまだ高校生でカナダで修行中だそうだ。

ロシアのペアにも日本人女子といろんなところで活躍してる、ペアを初めてじっくり観たが面白い種目だった。

明日のエキシビジョンは笑えそうだ。ブルーマンって何者?
posted by アマサ at 21:21| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(1) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

フィギュア国別対抗戦

えー、日本は現在3位だそうです。明日の女子フリーで決着するんだと。昨日の女子SPではミキティ・真央とも好調そうだった。

特に真央は世界歴代2位という高得点。やっぱり工夫してきた。
ミキティはロシェットと同点3位。

日米英露中加の6ヶ国で男子、女子、ペア、アイスダンスの総合で得点を争うという初めての試み。けど、これだと選手を揃えられる国がかなり限定されてしまい、韓国、フィンランド、イタリア、グルジア等の選手が見られない。

スケートの種目って未だに試行錯誤みたいな部分がある。
シンクロナイズトスケーティングなんてマイナーなジャンルもあるし、
ルールも頻繁に変わっている。

選手も大変だね。
posted by アマサ at 21:02| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

ミキティ3位真央4位!



ありゃりゃ、珍しい。真央が表彰台を逃すとは。
今回はキム・ヨナが調子良すぎた。最高のコンディションとか昨夜も言ってたし。

オリンピックで勝つのはその時点で最高の力を出せる人なんだろうな。
ミキティの復活は嬉しい。

天才真央のことだから五輪までにはなんとかするだろう。
全試合勝つ必要はナシ。
とりあえず3枠確保で上々の結果。3枠を獲得したのは日本だけ。

その後TVでフリーを見たが、2,3,4位に点差はほとんどなく、キム・ヨナがとびぬけていた。なんだかヨナのキャラが変わっちゃったようで複雑。あの儚げな少女のイメージはもうなくなってしまった。本国でQueen Yu-naと呼ばれるだけのことはある。いかにもそんな感じだった。
posted by アマサ at 16:02| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

世界フィギュアSP女子を観る

1 Yu-Na KIM KOR 76.12
2 Joannie ROCHETTE CAN 67.90
3 Mao ASADA JPN 66.06
4 Miki ANDO JPN 64.12


ISUのHPから

キム・ヨナが世界最高点を大きく更新。
真央、いまひとつ元気がない。
ミキティは快調な様子でホッとした。

ロシアの新人が出てきたり、ゲディバニシビリが8位に入ったり面白かった。村主も9位ながら、一皮向けた感じでよかった。
58点以上が10人という混戦模様。

キム・ヨナの得点は異常だが、それだけの演技には違いなかった。もの凄いパワーを感じた。あの雰囲気は何からくるものなんだろう。
posted by アマサ at 22:00| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

プロになってた太田由希奈

太田由希奈選手からのメッセージ
【日本代表選手近況】

応援してくださった皆さまへ

 フィギュアスケートの太田由希奈です。いつも応援してくださってありがとうございます。
 今季試合を欠場していることについて、皆さまにご心配をかけ大変申し訳ございません。
 この場をお借りして私の思いをお伝えしたいと思います。
 以前痛めた足の回復が思わしくなく、2008年3月頃より次第に試合で戦っていくのが難しいと感じていました。体を守ることも大切だと考え、夏の合宿が終わるまで様子を見ながら練習してきましたが、競技以外でもスケートを続ける道や次のステップが示されましたので、樋口豊先生と相談して10月の東京ブロックを棄権し、現役引退を決意して日本スケート連盟に伝えました。この結論に至るまでは思い悩む日が続きました。コーチも親も今シーズンだけはなんとか乗り切るように励ましてくれましたが、 自分の中で 悔いなく辞めようと思ったときが引退と考えていたので、そのことを話して了解を得ました。 
 本来なら2004年で私のスケート競技は終わっていたのかもしれませんが、2006年に復帰して新たに練習する場が与えられました。 皆さまが今まで暖かく応援して支えてくださったので、スケートを続けることができたと感謝しています。 競技としてのスケートは終了しますが、 今後は京都へ帰り、学業を続けながら機会があれば皆様の前でも滑りたいと思います。 また微力ながらスケート界に貢献できることがあれば挑戦させていただきたいと考えています。
 今まで応援してくださってありがとうございました。これからもよろしくお願いします。 


(学業に関しては、2009年4月から 以前在籍していた京都の同志社大学政策学部に戻ることが正式に承認されました。知識を貪欲に吸収して今後の人生の歩みに役立てたいと思います。
今後も皆様にお会い出来る機会がありましたら、気軽に声をかけてください。)

2008年11月26日太田由希奈選手より寄稿


http://long.secret.jp/Figure/

今年の大事件のひとつ。現在プロスケーターのようです。あの優雅な滑りが見れなくなるわけではないので、かえってよかったのかも。それにしても同志社の政策学部とは知らなかった。

今年の全日本はTV観戦だけでも、疲れた。鈴木、村主の集中力、ミキティの根性見せてもらった。会場にいたら観客の立場でもヘトヘトになったんじゃなかろうか。引きこまれるようなスケーティングをこんなにまとめて観れる機会はそうはなさそうな大会だった。










posted by アマサ at 23:18| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

高難度ジャンプの基礎点引き上げ

高難度ジャンプの基礎点引き上げ=浅田真得意の3回転半も−フィギュア
5月4日0時30分配信 時事通信

 国際スケート連盟(ISU)がフィギュアスケートで3回転半以上の
ジャンプの基礎点を2008〜09年シーズンから引き上げるルール改定
を決めたことが3日、分かった。

 今年の世界女王、浅田真央(愛知・中京大中京高)が武器とする
トリプルアクセル(3回転半)の基礎点は従来の7.5点から8.2点
に変更。高橋大輔(関大大学院)らが跳ぶ4回転トーループは9.0
点から9.8点、安藤美姫(トヨタ自動車)が女子として初めて成功
させた4回転サルコーは9.5点から10.3点にそれぞれ引き上げられ
た。
 高難度の技を相応に評価することが狙いだが、失敗した際の減点
も従来より大きくなるため、挑戦するには高い完成度が必要となる
。 


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080504-00000000-jij-spo

全種類のジャンプを跳んだら高得点ってのはどうなったのかな?
中野友加里選手はともかく、真央はもうジャンプに頼ることはない
ように思える。ミキティにとってジャンプは点数を稼ぐためという
より個性の表現になっている。どちらかというと、外国選手の中で
高難度ジャンプを武器にのし上がってくる選手が出てくるかも。


posted by アマサ at 12:19| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

国際スケート連盟(ISU)総会で、新ルール浮上

アクセルを除く5種類の3回転ジャンプを跳び分けると、ボーナス得点が加算されるなどの案が浮上している。

これをやられると、トリプルアクセルで点数を稼いでいた浅田真央と中野友加里が不利になってしまう。
ミキティの4回転もどういう位置づけになるのだろう?
4回転よりも3回転5種類のほうがお得ということになりかねない。

もっとも彼女らの強みはすでにジャンプではなく芸術性に移行しているのだが、ISUは何を考えているのだろう?

参考中日スポーツ
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sports/news/CK2008032802098906.html
posted by アマサ at 22:22| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

努力と根性のシンデレラ

2008フィギュアスケート世界選手権女子フリー

1 Yu-Na KIM KOR 123.38
2 Mao ASADA JPN 121.46
3 Carolina KOSTNER ITA
4 Yukari NAKANO JPN
5 Joannie ROCHETTE CAN 114.59
6 Sarah MEIER SUI 112.39
7 Laura LEPISTO FIN 101.85
8 Julia SEBESTYEN HUN 98.13
9 Valentina MARCHEI ITA 94.04
10 Elena GLEBOVA EST 93.84
11 Annette DYTRT GER 93.32
12 Kimmie MEISSNER 92.49


http://static.sportresult.com/sports/figureskating/live/results/wc2008/index.htm

総合で真央が優勝、2位がコストナー、3位キム・ヨナ、4位中野
友加里という結果だった。

SPとフリーではこれほど順位が変動するとは思わなかった。
ミキティは左足の肉離れで残念ながら棄権。来季に期待したい。

これほど必死の真央やキム・ヨナをみるのも珍しかった。

今回は中野選手の成長が光った。一般的にシンデレラは幸運のシン
ボルだが、中野選手は努力と根性でシンデレラの座を掴み取ろうと
している。実際、このレベルともなると運も実力のうちというのが
シャレにならないようだ。

バンクーバーまでまだ長い。ミキティもあせることはない。
中野選手が右肩上がりに少しずつ上がっていくのに対し、真央やミ
キティは一シーズンごとに一皮剥けるような感じで成長しているよ
うに見える。次回ちゃんと脱皮できてればきっと勝てる。

posted by アマサ at 21:22| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(1) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

大混戦

1 Carolina KOSTNER ITA 64.28
2 Mao ASADA JPN 64.10
3 Yukari NAKANO JPN 61.10
4 Kiira KORPI FIN 60.58
5 Yu-Na KIM KOR 59.85
6 Joannie ROCHETTE CAN 59.53
7 Sarah MEIER SUI 59.49
8 Miki ANDO JPN 59.21
9 Kimmie MEISSNER USA 57.25


http://static.sportresult.com/sports/figureskating/live/results/wc2008/SEG003.HTM

2008フィギュアスケート世界選手権女子SPは欧米勢が大逆襲
に転じて、混戦模様。

日本勢では中野選手が大躍進して3位。
マオ・ミキとあまり変わらないレベルに見えた。

ミキティもそう悪くは見えなかったが8位、といっても3位と2点
差、トップと5点差ではある。今回も東洋勢の圧勝かと思いきや、
俄然面白くなってきた。これでロシア勢が復活すれば凄いことにな
ってしまう。明日のフリーはどうなることか。

posted by アマサ at 21:02| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

四大陸選手権で真央が優勝

1位真央2位ロシェット3位ミキティで、四回転は不発だったそうな。
ま、世界選手権への一里塚ってとこか。4回転復活の日は近そうだ。

posted by アマサ at 00:03| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

四大陸フィギュアスケート選手権 女子フリーが放送

2月16日21:00から、フジテレビで「四大陸フィギュアスケート選手権 女子フリー」が放送される。韓国・高陽で開催されるヨーロッパを除く世界各国から参加するフィギュアスケートの国際大会で、日本からは浅田真央、安藤美姫、村主章枝が出場予定。

なお同日13:30からは男子、女子SPのダイジェストを放送予定。


http://woman.excite.co.jp/Event/tv/sid_00241201678583.html

みどころはミキティが四回転やるかどうかかな。
キム・ヨナは欠場の模様。

posted by アマサ at 20:19| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

安藤美姫エキシビション 2008 January 13



ホットパンツに網タイツって報道されてたのはこれなんだ。


posted by アマサ at 23:16| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

2007女子フィギュアスケートISUランキング

女子
最終得点
得点 名前 国籍 大会
199.52 Mao ASADA JPN 2006NHK杯
198.06 Irina SLUTSKAYA RUS 2005ロシアカップ
197.60 Sasha COHEN USA 2003スケートカナダ
197.20 Yu-Na KIM KOR 2007ロシアカップ
195.09 Miki ANDO JPN 2007世界選手権
191.34 Shizuka ARAKAWA JPN 2006トリノオリンピック
189.87 Kimmie MEISSNER USA 2006世界選手権

ショート・TSS/総得点
得点 名前 国籍 大会
71.95 Yu-Na KIM KOR 2007世界選手権
71.12 Sasha COHEN USA 2003スケートカナダ
70.22 Irina SLUTSKAYA RUS 2005中国杯
69.50 Mao ASADA JPN 2006NHK杯
67.98 Miki ANDO JPN 2007世界選手権
67.15 Carolina KOSTNER ITA 2007世界選手権
66.02 Shizuka ARAKAWA JPN 2006トリノオリンピック
64.67 Kimmie MEISSNER USA 2007世界選手権
63.90 Yukina OTA JPN 2003スケートカナダ

フリー・TSS/総得点
得点 名前 国籍 大会
133.70 Yu-Na KIM KOR 2007ロシアカップ
133.13 Mao ASADA JPN 2007世界選手権
130.89 Sasha COHEN USA 2003スケートアメリカ
130.48 Irina SLUTSKAYA RUS 2005ロシアカップ
129.70 Kimmie MEISSNER USA 2006世界選手権
127.11 Miki ANDO JPN 2007世界選手権
125.32 Shizuka ARAKAWA JPN 2006トリノオリンピック
http://www.geocities.co.jp/Athlete-Athene/9074/rank/best10.html

昨日の全日本選手権

1. 浅 田 真 央 205.33
2. 安 藤 美 姫 204.18
3. 中 野 友加里 184.31

女子 - - Free Skating Results
1 安 藤 美 姫 135.50
2 浅 田 真 央 132.41
3 中 野 友加里 123.15

女子 - - Short Program Results
1 浅 田 真 央 72.92
2 安 藤 美 姫 68.68
3 村 主 章 枝 63.50

こうしてみると全日本で3位以内に入れば、いずれも世界歴代10位
以内ということが分かる。

日本の女子フィギュアスケーターはとんでもないレベルで闘っている






posted by アマサ at 19:15| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

2007フィギュアスケート全日本選手権女子フリーTV観戦

ひええ、す、すごすぎる大会だった。始めるときのミキティの表情にゾクッとしてしまった。ああいうのを「妖しい笑み」っていうのか。鳥肌がたつ演技で204点台、真央まであと一歩だった。

中野選手も鬼気迫る演技で180点台。初めてじゃないかな?

PL 選手名 所属 SP FS Points
1. 浅 田 真 央 中京大中京高校 1 2 205.33
2. 安 藤 美 姫 トヨタ自動車 2 1 204.18
3. 中 野 友加里 早稲田大学 4 3 184.31
4. 村 主 章 枝 avex 3 6 161.79
5. 鈴 木 明 子 邦和スポーツランド 5 5 159.93
6. 武 田 奈 也 早稲田大学 9 4 157.97
7. 太 田 由希奈 法政大学 7 8 142.96

http://www.skatingjapan.jp/National/2007-2008/fs/national/J/data0290.htm

なんかこの三人だったら表彰台独占もありえそうな気がしてきた。
海外選手で、まともに闘えるのはキム・ヨナぐらいでは?

村主選手も存在感を示したが、ジャンプの修正が出来たらまたすごい点が出るかも。

太田 由希奈 選手が10位以内に帰ってきた。本来の力を取り戻せば、トップすら狙える選手だけに嬉しい。

澤田亜紀ちゃんが、意地を見せたのもなんかよかった。
posted by アマサ at 21:15| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

2007フィギュアスケート全日本選手権女子SPTV観戦

ミキティはスピンで僅かに失敗があったものの、ジャンプは完璧で68.68を出したので、ホッとしたのもつかの間、真央がほぼノーミスの演技で何と世界記録の71.95。
予想していたとはいえ、とんでもないレベルの戦いになった。

その上、大田由希奈選手が復活してきていて、感涙モノだった。あの優雅な滑りは点数と関係なく感動ものだった。

また村主3位につける演技で、GPシリーズでやりかたかったのはこれだったのかとようやく納得した。

中野選手もハイレベルの演技で4位だったが、真央はそれを10点もうわまわるというあきれた点数だった。

明日のフリー、ミスが少ない人が勝つと思う。ミキティ頑張れ!

posted by アマサ at 21:38| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

オダンゲリオン活動限界か?

織田選手が全日本欠場

織田信成選手世界選手権代表入りなくなる
 今年7月にミニバイクを酒気帯び運転して摘発されたフィギュアスケートの織田信成選手(20)(関西大)が大阪・なみはやドームで26日から行われる全日本選手権を欠場することになった。本人からの申し出を受けた日本スケート連盟が24日、発表した。全日本選手権は来年3月の世界選手権(スウェーデン)代表選考会などを兼ねており、織田選手の3季連続の世界選手権代表入りはなくなった。


http://osaka.yomiuri.co.jp/sp_others/20071225ks01.htm

逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ〜〜〜っ!
posted by アマサ at 23:08| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

俺たちフィギュアスケーター

2007年アメリカ映画/1時間33分
配給:ギャガ・コミュニケーションズ

世界選手権で大乱闘を繰り広げ、スケート界から永久追放になった男性選手二人が史上初の男子ペアを組んで再びスケートリンクに上がるというドタバタコメディ。ナンシー・ケリガンやサーシャ・コーエンまでが出演。

公開日は2007年12月22日。管理人の住む地方にいつくるやらわからないが楽しみにしている。

ハーディングは出ないのかな?日本選手も出して欲しいというか日本版スケートコメディを見たい。






posted by アマサ at 21:25| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

2007 全日本フィギュアスケート選手権(女子シングル ショート)放送予定

2007年12月27日 18:30
「2007 全日本フィギュアスケート選手権 女子シングル ショート」放送
フジテレビが18:30〜「2007 全日本フィギュアスケート選手権(女子シングル ショート)」を放送する。


「世界選手権」の切符をかけ、安藤美姫、浅田真央、中野友加里、村主章枝らが出場

http://woman.excite.co.jp/Event/tv/sid_00241197879116.html

GPファイナルからほとんど間をおかない日程だが、各選手のコンディションは大丈夫なんだろうか?

ファイナルに出た真央、中野はもとより、ミキティ、村主らの調子も気になるところ。

織田君も復活かな?
posted by アマサ at 20:02| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

試合よりいい真央エキシビション

試合よりいい?真央エキシビション大歓声
12月18日9時37分配信 日刊スポーツ

 フィギュアスケートのGPファイナル最終日は16日(日本時間17日)、イタリア・トリノでエキシビションが行われた。女子シングルで銀メダルに輝いた浅田真央(17=中京大中京)は3回転のルッツ、フリップ、ループと3度のダブルアクセル(2回転半)を組み入れた演技を披露し、大歓声を浴びた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071218-00000017-nks-spo

ああ、これよく分かる。真央は髪をおろしたほうがカワイイし、青の衣装に青い照明で幻想的な雰囲気が素晴らしかった。リンクの妖精といわれるだけのことはある。

一方で、リンクの妖怪プルシェンコの演技を見たいこの頃だ。

posted by アマサ at 19:25| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。