2011年04月30日

2011フィギュア世界選手権女子SPの感想

・ミキティ 完璧だったと思う。表現力が他を寄せ付けなかった。
・浅田真央 前半ちょっと固かったけど、後半から終盤にかけて良くなっていった。
・キム・ヨナ スピンは確かに良かったけど、他はなんだかまとまりを欠いていたような印象。
純粋な乙女ジゼルが裏切られて発狂の部分ということだからあれでいいのか?バレエにもっと詳しくならないとキム・ヨナの評価は困難になってしまった。

・村上佳奈子 ちょっとあがってた?でも悪くはなかった。フリーでの巻き返しに期待。


posted by アマサ at 06:48| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

女子フィギュアで200点を超えた4人

 ミキティが史上4人目の200点台ってニュースでいっていた。浅田真央、キム・ヨナは容易に分かるとしてあと一人は誰?って思って検索してみたら、カナダのジョアニー・ロシェットだった。なんとなく意外だったが、肉親の死を押して地元で闘ったバンクーバーの時の記録だそうだ。キム・ヨナは228点というあり得ない点数を五輪で出してるけど、あれは未だに納得がいっていない。真央・美姫の点数はまともな評価だと思うから誇りにしていいと思う。相撲界ではないが、ハーディング事件以来、フリル・スピード・サスペンスと言われたフィギュア界の体質はまっとうになったんだろうか?

posted by アマサ at 23:04| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

四大陸は美姫、真央がワンツー



 スポーツというよりバレエを見ているような気分になった。実際この二人に関してはストーリーが読み取れる演技だったと思う。なんかもうジャンプがどうのという次元ではなくなってきた。鈴木選手も完成度が上がれば氷上ミュージカルをやれる人だと思うのでがんばってほしい。
posted by アマサ at 20:54| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

「荒川静香vs浅田真央、知られざる対決」を観た

 おお、そうだった。グランプリシリーズで対決してたんだ。しかもチャイナ、エリックボンパール、ファイナルと3度対決して全て真央が勝っていた。あの頃は村主、恩田、中野選手らが大活躍していて、ミキティは大スランプ時代で、荒川さんも主役の一人ではあったが五輪出場はデッドヒートが続いていた。荒川さんのどんなことからでもなにかプラスを得ようとする姿勢はすごいなと思った。真央はやっぱり天才だ。12歳頃の映像が出たけど既に3連続3回転とかやってた。努力する天才おそるべし。なんのジャンルでも世界の頂点はそういう人たちなんだろう。

posted by アマサ at 20:01| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

全日本フィギュアでミキティ優勝



 鈴木明子も175点台を出しながら4位というハイレベルの戦いだった。村上佳奈子の元気一杯の演技も良かったけど、真央と美姫はちょっと次元が違う感じがした。特にミキティの演技はスポーツというより舞台を観ているようで、久しぶりにスケート見て感動した。真央もなんか見ている人を夢見心地にさせそうな演技だった。
posted by アマサ at 22:09| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

浅田真央復活!

真央がSP首位発進!2位は美姫 フィギュア全日本選手権
サンケイスポーツ 12月25日(土)18時8分配信

 フィギュアスケートの全日本選手権第2日(25日、長野市ビッグハット)女子ショートプログラム(SP)が行われ、復活に期待が懸かる浅田真央(20)=中京大=は66・22点をマークし、SP首位に立った。安藤美姫(23)=トヨタ自動車=が64.76点で2位、村上佳菜子(16)=中京大中京高=は61・50点で3位につけた。


Yahoo

やっぱり帰ってきた。ミキティもすごかったから明日はえらいことになりそうだ。
それに今日は村主選手を久しぶりにみれて嬉しかった。
posted by アマサ at 21:05| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

浅田真央が多くの人に応援される理由



コメント欄にあった翻訳
run5635
2 日前 32 真央ちゃんが真央ちゃんでいるかぎり どんなときも 応援します

じぶんが ちょっと つらいとき いつも 真央ちゃんならもっと がんばる

こんなことで 泣かないぞと 毎日 真央ちゃんに勇気をもらってます

真央ちゃんが つらいときは 真央ちゃんがんばれと つぶやいて 応援します

そんな気持ちを 起こさせるのは やっぱり 真央ちゃんだから

こんな 素敵な真央ちゃんに であえたことは わたしの たからものです

run5635 2 日前 32


 言われて見ると今さらながら非常にピュアなイメージがある娘だね。なんというかネガティブさや生臭さをいっさい感じさせないキャラクターだ。実際は生身である以上、葛藤や否定的な感情ももちろんあるんだろうけど、全くそれを感じさせない不思議な娘だ。それに対してキム・ヨナはそういう面では大人というかリアルというか生身の人間をもろに感じさせられる。どっちがいいかは好みの問題だろう。
posted by アマサ at 10:32| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

怪我を乗り越えてのロシアカップ優勝

演技へ向けて化粧をしようとしたら、涙があふれてきた。自分は悪くないのに−。練習中に男子選手に衝突されて腰を強打したのは、自分の曲がかかっているときだったから。


http://www.jiji.com/jc/zc?k=201011/2010112100028&rel=j&g=spo

 ミキティ、怪我をした状態でほぼノーミスの演技だったそうだ。本当に強くなった。それにしても事故や怪我が多い選手だ。なんなんだろね?ベストコンディションだったらすごい点数が出たかもしれないのに何かと大変な人だ。

posted by アマサ at 12:03| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

ロシアカップSP鈴木明子1位ミキティ5位



なんか中国杯と似たような展開だがフリーはどうなるかな?グランプリファイナルに3人いけたらいいな。
posted by アマサ at 20:09| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

村上佳菜子がスケートアメリカで優勝!



すごいぞ!天然型天才少女(笑)上手いんだけど、時々ポカやるところもご愛嬌。これほど見ていて楽しいスケーターも珍しい。
posted by アマサ at 20:08| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

村上佳菜子奮戦中



おお、がんばってるな。他には誰が出てるんだろう?日本の女子フィギュア層が厚いけど、予算で苦労してそう。

posted by アマサ at 16:44| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

中国杯でミキティが優勝



やったやった。久しぶりにミキティの会心の笑顔。バンクーバーの後、なんかモヤモヤしていたがようやくスッキリした。
posted by アマサ at 20:50| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国杯SPは鈴木明子2位安藤美姫3位



うん、悪くない。フリーに期待。
posted by アマサ at 07:44| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

村主章枝未だ意気軒昂

村主、再出発へ意欲=若手の存在も刺激に−フィギュアスケート
 記録的な猛暑となった今夏。フィギュアスケート女子の村主章枝は再出発に向け、北海道などで滑り込んできた。「新しいことをやっていくと、自分の足りないところが見えてくる」。12月末に30歳となるベテランは貪欲(どんよく)だ。
 昨年末の全日本選手権は7位でバンクーバー五輪代表を逃した。その後はスポンサー探しが難航。3月中にめどが立たなければ競技断念も考えた。「何が何でも探してお願いする気持ちだった」。懸命の「就職活動」の末、PR会社に籍を置き、富山県の製薬会社、陽進堂の支援を受けて滑り続ける道が開けた。


http://www.jiji.com/jc/zc?k=201010/2010100600060

最近スケートを見ながら「誰か足りないな〜」と思ってたらこの人がいた。何を目指しているのか気になる存在ではある。
posted by アマサ at 22:18| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

心配ないって



 単にジャンプの見直し調整中に試合が入っちゃっただけのこと。調整終わればまた天才的なスケートを見せてくれると確信しているので心配しない。村上選手もこれからが楽しみな逸材。笑いも取れる正統派のスケーターになってほしい。
posted by アマサ at 20:31| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

2010NHK杯女子SPTV観戦

 村上佳菜子がシニアデビュー。いやーっ楽しかった。スケート見て笑ったのは久しぶりだ。久々に出てきた笑いの取れるフィギュアスケーター。貴重な存在になりそう。SPの曲名が知りたいが中々見つからない。浅田真央はまだ調整中みたいで、なんか調子悪そうだった。まだ20歳でのびしろは相当あるはずなので、いずれ進化した姿がみられると思う。スポーツの写真って滅多に撮らないけど、フィギュアスケートは撮ってみたい存在だ。
posted by アマサ at 20:56| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

フィギュアスケーターのあの人は今

最近の鈴木明子
 フィギュアスケートのフィンランディア・トロフィーは10日、フィンランドのバンターで行われ、女子でショートプログラム2位の鈴木明子(邦和スポーツランド)がフリーで108.83点の1位となり、合計166.57点で優勝した。 (時事)
(2010/10/11-12:03)
http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2010101100115

引退後の中野 友加里
2009年4月にフジテレビの内々定を受け、現役引退後の2010年4月から一般職であるフジテレビ映画事業局の「映画製作部」に勤務
(wiki)

引退後の恩田 美栄
2007年4月1日にアマチュア引退を表明し、プリンスアイスワールドを中心にプロスケーターとしての活動を開始。同年6月からはモリコロパーク・アイスリンクを拠点に指導者としての活動も始めた。2008年5月に「スペリオール愛知FSC」を正式に立ち上げ。現在はショーへの出演をやめ、コーチ業に専念している。今は全日本のキス・アンド・クライにコーチとして座ることが夢だという。
(wiki)


 中野 友加里さんはフジテレビ入社までは聞いてたけど、てっきりスポーツキャスターになるのかと思っていた。なんと「映画製作部」に勤務とは驚いた。スポーツのドキュメント?とは限らないか。色んな道と才能があるものだ。
posted by アマサ at 22:58| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

「ジャパンオープン」は日本が優勝

浅田真央「積み重ねでもっとよくなる」=ジャパンオープン
スポーツナビ 10月2日(土)18時15分配信

 日本、北米、欧州のプロとアマチュアの男女混合2名ずつによるチーム戦、「ジャパンオープン」が2日、さいたま市のさいたまスーパーアリーナで行われ、日本が合計517.36点で優勝した。2位は0.13ポイント差の517.23点を獲得した北米、3位は460.11点の欧州だった。
 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101002-00000028-spnavi-spo

浅田真央が不調という話だが、新しいものを摸索している段階なんだろう。出来上がってくれば問題なし。真央・美姫コンビなら欧米に負ける気がしない。
posted by アマサ at 22:39| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

春の園遊会に真央と高橋君が出席

 真央ちゃんや高橋君だと別に普通なんだが、国母君が腰パンで出てないか思わず期待して探してしまった(笑)
posted by アマサ at 17:27| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

なんかすっきりしないキム・ヨナのメダル

中国新聞網は「キム・ヨナの銀メダルは意外だった」とし、ジャンプの転倒と回転不足があったにもかかわらず、ほぼノーミスの浅田真央選手(129・50点)より高い130.39点という全選手中最高の得点を獲得したことに疑問を呈した。


サーチナ

バンクーバーの時からモヤモヤしていた。デリケートな問題なので日本人が言うのはどうかと思っていたが、中国から見ても不自然なわけだ。
このままだと競技としてのフィギュアスケートに興味を失ってしまいそうだ。アイスショーファンに切り替えるかも。
posted by アマサ at 13:14| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

やっぱりちょっと悔しい

 昨日のフィギュアスケートの結果、選手たちはみんなよくやっとも思うけど、ちょっと悔しさも残っているのに今朝気がついた。ミキティの演技はノーミスだったのに何故伸び悩んだかと考えると、ジャッジは減点だけじゃなくて加点をするようになっていたからで、いかにノーミスで滑るかだけじゃなくて、いかにして加点をもらえるかを考えなきゃいけない時代になってたんだ。1、2年前なら十分メダル圏内の演技だっただけに悔しい。最近のフィギュアに対する違和感は採点方法の変化だったんだ。真央はちょっとだけ時間が足りなかった。一応完成してたけど、完成度を高める時間が残されてなかった。ヨナは早く完成した分磨く時間があった。一番見てて楽しかったのは鈴木明子選手の演技で、上手な演技というより感動する演技が出来る選手なんだと思った。

 難易度が高いプログラムを早めに仕上げて磨きをかけられ、減点が無くて加点が多い選手が次を制するということか?もはや選手の努力の範囲を超えてるからチームで対応しないと厳しそうだ。コーチは責任重大だ。
posted by アマサ at 10:32| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

バンクーバー女子フィギュアフリー終了

 あ〜終わった。1位キム・ヨナ2位浅田真央3位ジョアニー・ロシェットで長洲未来4位ミキティ5位鈴木明子は8位かな。とにかく全員ほとんどミスも無く入賞したから良かったと思う。何故か、ホッとした感じが強くあまり感動してない。ミキティはバンクーバーできっと勝つと書いたのが4年前、入賞も勝利に入れていいと思うしほぼ完璧な演技だったのだからあれでいいと思う。トリノの時と比べたらもの凄い成長ふりだった。200点以上の戦いと2年ぐらい前に書いたのも現実になって上位3人が200点超えた。バンクーバーのフィギュア終了までブログ続けると書いたこともあったけどどうやらそれも達成。これからどうするかな。ツイッターに移ることも検討中だけどダラダラ続けるかもしれない。
posted by アマサ at 14:16| 熊本 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

バンクーバー女子SP

 やっぱり真央がちゃんと仕上げてきた。一方でキム・ヨナはさらに完成度を上げていた。プログラムの高度さでは真央、完成度ではキムかな。ミキティもほとんどノーミスにみえたのだが、細かい減点があったのだろうか?フリーが終わってみないとなんとも言いようが無い。自己ベスト出す選手が多くていい大会だと思う。
posted by アマサ at 18:57| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

「NHKスペシャル浅田真央 金メダルへの闘い」を観た

 荒川静香の時も、同じような番組を事前に作ってて、メダル獲得後に放映してたように記憶している。先見の明に驚いたものだが、今回は競技前に放映というのは何を意味するのだろう?

 マスコミが真央がスランプ、もうダメだみたいな報道を続けてたけど、案の定、プログラムの難易度が高すぎて未完成なだけだった。完成しているのがフォームや体調の崩れで失敗が続くのがスランプだとしたらスランプでもなんでもないじゃん。しかも課題を悉くクリアして五輪に望むみたいだから、とんでもない点数を出すことも可能になっている。

 表現とジャンプの両立を可能とする最初の選手になるかもしれないという評価は面白かった。表現派とジャンプ派があるなら、プルシェンコの4回転飛ばない奴は選手じゃない説は大げさなことになってしまう。表現派の存在すら否定することになってしまう。進化の方向は多様でいいと思う。多様化こそが進化の本質だと思うからだ。
posted by アマサ at 09:35| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

高橋選手が銅メダル

 織田君に靴紐が切れるというアクシデントがあって驚いたが、靴のアップを見るとボロボロで練習の凄まじさを思わせたが、ちょっと残念だった。五輪の魔物は意外なところにいたようだ。国際大会になれてるはずの織田選手ですら足がすくんだと言っていた。高橋の銅はリハビリの苦労が報われたみたいでよかったと思う。4回転回避のライサチェエックの金はかっこ悪くても勝ちにいくのパターンで許容範囲だと思った。これが高校時代の松井選手(野球)の対戦相手みたいに5連続敬遠とかなると、そうまでして勝ちたいか!ってなるけど、これくらいは戦略・戦術の内だろう。飛ぶも勇気飛ばぬも勇気で、民放で解説していた村主選手も「もう大ちゃんにおまかせ!」と丸投げしていた。結局、本人が決断するのが一番良かったみたいだ。

 ふと、昔、胆嚢の手術したときのことを思い出した。
「失敗したら死ぬ可能性もありますが、やりますか?」
「手術しなかったらどうなりますか?」
「確実に死にます」
「受けますよ!」

今、思うと漫才のような会話を医者としていた(笑)
posted by アマサ at 19:48| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

ちょっと気になるホームタウンデシジョン

 アジア勢全盛の女子フィギュアの中、欧米勢では最近ただ一人気を吐いているのがジョアニーロシェット。漠然とだがホームタウンデシジョンの可能性を感じている。なにしろ地元カナダのエースだし、白人の威信をかけてジャッジがされるんじゃないかとか、ちょっとだけ不安を感じている。あんまりムキになることもないとは思うが、無茶な採点がされないことを祈るのみだ。
posted by アマサ at 19:50| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィギュアスケートのペア川口組は16番目に滑走

ロシアの川口組は16番目に滑走
 フィギュアスケートのペア滑走順が12日(日本時間13日)に決まり、昨年1月にロシア国籍を取得した元日本代表の川口悠子とアレクサンドル・スミルノフのロシアペアは出場20ペアで第5組の16番滑走となった。初出場の川口組は昨季の世界選手権3位、1月の欧州選手権優勝の勢いでロシアの同種目13連覇に挑む。


日刊スポーツ

そうかロシアはこの種目伝統芸なんだ。川口悠子はあえてそのレベルに挑戦したのか。日本から行ってロシアが伝統的に強い種目でロシア代表にまでなるとはたいしたもんだ。こうなったら13連覇みせてほしい。そういうことならロシアも応援するぞ。
posted by アマサ at 19:24| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

バンクーバー五輪フィギュアスケート 試合日程

フィギュアスケート 試合日程
男子シングル
2月17日 09:15〜 SP
2月19日 10:00〜 FS
女子シングル
2月24日 09:30〜 SP
2月26日 10:00〜 FS
ペア
2月15日 09:30〜 SP
2月16日 10:00〜 FS
アイスダンス
2月20日 09:45〜 CD
2月22日 09:15〜 OD
2月23日 09:45〜 FD


※時間はすべて日本時間

 キム・ユナ有利の予想が多いけど、やってみなくちゃ、分からない。
ジョアニーロシェットや鈴木明子にも、チャンスはありそう。上位5人ぐらいの実力はかなり接近しているから完成度とコンディション勝負だろうと思う。
posted by アマサ at 19:16| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

フィギュアスケート五輪出場者決定

 全日本の結果は浅田真央が204.62点 で優勝 鈴木明子が195.90点で2位 中野友加里が195.73点で3位。

五輪出場は女子は安藤・浅田・鈴木 男子は織田・高橋・小塚。

 TVで観てたけど、息が詰まるような雰囲気のものすごい試合だった。五輪の枠が4枠ないのか残念でならない。鈴木の躍動感と笑顔と泣き顔が印象に残った。

 195.73点で3位で、185点台のミキティが4位というのは途方もないレベルの大会だったと思う。普通なら優勝している点数だ。185点で表彰台に上れない大会というのはちょっと記憶がない。こうなると五輪ではキム・ヨナだって油断してたら表彰台を逃しかねない。200点台が4人とか冗談みたいな闘いになるかもしれない。

 それにしてもミキティの虎柄の衣装に魂消た。ひとり美女と野獣?!。「タイガーマスク」とか「うる星やつら」とかがつい頭をよぎってしまった(笑)

TKY200912280128.jpg
でも色っぽかった
posted by アマサ at 21:45| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

ミキティ等が映画に出演

40歳のフィギュアスケーターが、かつての夢であるオリンピックを目指す! 本格的フィギュアスケート映画『COACH コーチ 40歳のフィギュアスケーター』が来年の2月6日より新宿K's cinemaほか、全国順次ロードショー!
 
 本作の主人公“倉内美和”を演じるのは、安藤美姫の元サポートコーチであり、ユニクロのCM出演などでも知られる現役最年長プロ・フィギュアスケーター、西田美和。彼女の歩んできた軌跡をもとに、一人の女性の生き方、夢を追いかける強さを描いた本格的フィギュアスケート映画です!

 
http://www.cdjournal.com/main/news/-/28097

そういえば、最近真央のCMでの演技が妙にこなれてきたような気がする。フィギュアスケーターって演技の部分が大きいから、俳優とは互換性があるのかもしれない。佐野稔、伊藤みどり、荒川静香、安藤美姫がスケート界から出演。
posted by アマサ at 20:16| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。