2008年03月21日

努力と根性のシンデレラ

2008フィギュアスケート世界選手権女子フリー

1 Yu-Na KIM KOR 123.38
2 Mao ASADA JPN 121.46
3 Carolina KOSTNER ITA
4 Yukari NAKANO JPN
5 Joannie ROCHETTE CAN 114.59
6 Sarah MEIER SUI 112.39
7 Laura LEPISTO FIN 101.85
8 Julia SEBESTYEN HUN 98.13
9 Valentina MARCHEI ITA 94.04
10 Elena GLEBOVA EST 93.84
11 Annette DYTRT GER 93.32
12 Kimmie MEISSNER 92.49


http://static.sportresult.com/sports/figureskating/live/results/wc2008/index.htm

総合で真央が優勝、2位がコストナー、3位キム・ヨナ、4位中野
友加里という結果だった。

SPとフリーではこれほど順位が変動するとは思わなかった。
ミキティは左足の肉離れで残念ながら棄権。来季に期待したい。

これほど必死の真央やキム・ヨナをみるのも珍しかった。

今回は中野選手の成長が光った。一般的にシンデレラは幸運のシン
ボルだが、中野選手は努力と根性でシンデレラの座を掴み取ろうと
している。実際、このレベルともなると運も実力のうちというのが
シャレにならないようだ。

バンクーバーまでまだ長い。ミキティもあせることはない。
中野選手が右肩上がりに少しずつ上がっていくのに対し、真央やミ
キティは一シーズンごとに一皮剥けるような感じで成長しているよ
うに見える。次回ちゃんと脱皮できてればきっと勝てる。



posted by アマサ at 21:22| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(1) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

フィギュアスケート世界選手権08女子シングル
Excerpt: う〜ん、各選手のスケート自体はそれぞれ楽しんで観ましたがテレビ中継を観る前からある意味で満腹感、もうどうでもよくなった気持ちもありました。フィギュアスケートはスポーツと芸術のコラボレーションと思って観..
Weblog: マスターTURKEYの今日のカクテル(おつまみ話)
Tracked: 2008-03-22 23:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。