2005年07月28日

7月の鯨漂着事件

昨日のニュースでまたしてもクジラ漂着事件。
今月3件目?まだ増えるかも。

2005年7月14日
コマッコウ:珍しいクジラが漂着−−高萩の海岸 /茨城

 14日午前6時15分ごろ、高萩市高浜町の海岸に鯨のような個体(死体)が漂着しているのを近くの松井紀代司さん(65)が見つけ、同市に通報した。同市では県大洗水族館に連絡し、15日午前、個体を調査したところ、珍しい鯨、コマッコウ(コマッコウ科)と分かった。標本部分を採取して砂浜に深く穴を掘って埋葬した。
 コマッコウは、銚子以南の沖合に生息しており、県内の海岸に漂着するのは珍しいという。同館の酒井孝・海獣展示課係長が調査した結果、コマッコウは体長2・8メートル、重さ約250キロの雄だった。ハクジラの種類で、単独で生活しているという。【臼井真】

7月16日朝刊
(毎日新聞) - 7月16日16時16分更新


2005年7月18日
鹿児島県の加世田市吹上浜で全長15・85メートルのマッコウクジラ1頭が打ち上げられた。砂に半分埋もれ、死亡していた。

2005年7月27日
神奈川県横須賀市、長井漁港 全長10メートル70センチのツチクジラが岩場にはさまってもがいていたが、死亡。致命傷は無く死因は不明。普段深海にいるツチクジラが何故岩場にいたのかも不明。


ななみさん、情報ありがとうございます。
17日宮城沖コククジラ親子の件調べてみました。
http://www.sanriku-kahoku.com/の記事が詳しいですね。


posted by アマサ at 19:29| 熊本 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | イルカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
7月18日の日記に東京湾のツチクジラの件はトラックバックさせてもらいました。これ以外に宮城県沖でもコククジラ親子が座礁しています。
最近増えているクジラの座礁には私も気になる所です。
Posted by ななみ at 2005年08月02日 01:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。