2005年07月19日

鹿児島でのマッコウクジラ漂着事件(ストランディング)

昨日、鹿児島県の加世田市でマッコウクジラ1頭が打ち上げられたというニュースが流れたが、2002年1月には同じ鹿児島県で14頭もの漂着事件が起きている。

1月22日午前8時10分ごろ、薩摩半島の西側で、東シナ海に面した鹿児島県大浦町の小湊海岸を散歩中の住民がクジラ14頭が打ち上げられているのを見つけ、県警加世田署大浦派出所に通報。

町役場や鹿児島市の「かごしま水族館」の職員が現場に駆けつけたが、海上は大しけで近づけなかった。

クジラは10頭前後が生きていた。傷を負ったものもあり、海は血で赤く染まっていたという、潮を吹いているクジラや弱い声を上げているものもいたそうだ。

消波ブロック沿いの長さ約100メートルにわたって打ち上げられていた。クジラは体長約10メートルで、種類はマッコウクジラと思われ、風と潮に流されたと推測された。

救出作業が23日行われ、1頭が作業船のクレーンで引き出され、沖合まで“えい航”
笠沙町の数キロ沖でロープごと切り離され、海に帰った。
笠沙町はホエールウオッチングで知られる町である。

残る13頭は死亡した。

合掌。 


posted by アマサ at 00:16| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | イルカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。