2005年07月18日

食べると危険!?クジラ肉

クジラの死体はかく語る


「クジラの死体はかく語る」講談社、荻野みちる著、という本を読んだ。色々驚かされた。

まず、日本でシロナガスクジラの肉が食用として売られていたこと。全世界に3000頭ぐらいしかいない、地球上最大の動物をまだ、とっている人がいたとは。もちろん絶滅危惧種で保護動物である。

他にも調査捕鯨が認められているミンククジラ以外の鯨の肉が多数流通しているという。

密漁としか思えないが、あんなデカイものを密漁って、大型捕鯨船を持った密漁団が存在するわけ?
どうもよくわからない。大体わりにあうのか?

ネットで見るとミンククジラ1キロ4400円とある。1トンで440万円、クジラ1頭100トンだとして、半分が肉としたら1頭で2億円以上?意外ともうかる・・・?。捕鯨船の費用の方が高い気もする。

もう一つはクジラ類の汚染、PCB・水銀、ダイオキシンの量が半端じゃなくて、もう食文化がどうとかいう以前に、食用にするのは危険らしい。厚労省は消費量が少ないから問題ないと言ってるらしいが、PCBやダイオキシンは微量でも致命傷ではないか。

えーと、生体濃縮とかいったっけ、食物連鎖の上に行くほど、汚染がひどくなる現象。結果シャチの汚染がもっともひどいらしい。イルカも魚が主食だからひどいだろう。海だけでなく外洋の空気まで汚染されていて、イルカから排気ガスを吸った痕跡が発見されたという。

それにしても、そんなにまでして食うほどうまいものとも思えない。何か他の用途で高値で取引されているのでは?

また、昔捕獲した冷凍ものの在庫ということはないのだろうか?

ネットで少し見てみると、IWCでは1977年に非加盟国からの鯨製品の輸入を禁じる決議が採択されおり、IWCを脱退する前のアイスランドから1991年を最後に輸入されたナガスクジラの肉などが存在する。

現在ではマイナス25度程度で保存し、グレージングという処理で肉の表面が乾燥しないように管理するなどして20年程度までは持つようである。
他にも魚の網に混獲されたものが流通する例もあるらしい。

それにしてもシロナガスクジラに関しては密漁・密輸以外にありえなさそうだ。

温暖化もだが海洋汚染も年々深刻さを増しているようだ。しかも両者は連動している。

てなことを書いていたら、今朝方鹿児島県加世田市の海岸に体調15メートルの雄のマッコウクジラが死んで打ち上げられたとニュースで言っていた。砂に半分埋もれていたそうだ。


posted by アマサ at 00:02| 熊本 ☀| Comment(1) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、こんにちは。TBありがとうございます。

この本には、知らなかったことがたくさん書かれてありますよね。私も、読んでびっくりしました。

鯨類に関することは、一般人にはわからないことがたくさんありそうですし。
色んな方に、この本を読んで欲しいですよね。
Posted by オクターブの共鳴音 at 2005年07月18日 13:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「クジラの死体はかく語る」荻野みちる著は必読 知らないことがいっぱい
Excerpt: Topの自己紹介にも書いてあるとおり、私は水棲生物が好きです。 (まぁ、水棲生物に限らず、生き物は皆好きなんですけど(笑))
Weblog: オクターブの共鳴音
Tracked: 2005-07-18 13:43

ツチクジラの座礁
Excerpt: 今週7/27日に神奈川の横須賀市でツチクジラという種類のクジラが海岸でバタバタと動けなくなっていました。 当日にそのまま死亡し、夜には体の大きさなど必要な計測がされ、各漁業関係者がお肉を運んだようで..
Weblog: カッパ通信
Tracked: 2005-07-31 22:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。