2007年08月13日

裸の手話ニュースへの助成金見直し

アダルト放送に字幕番組助成金、指摘受け要綱見直し
2007年08月13日06時00分

 女性キャスターが少しずつ服を脱いでゆく、CS放送のアダルト専門放送局の番組に、障害者向け放送の支援のために国費から出される「字幕番組等制作促進助成金」が交付されていたことが分かった。問題視する声を受け、助成元の独立行政法人と総務省は、今月になって年齢制限のある番組を交付対象から除くよう基準を見直した。今後、成人向け番組は排除される。

中略

 パラダイステレビは「障害者も健常者と同じように人生を楽しむことを念頭に放送している。手話ニュースは続ける」としている。


http://www.asahi.com/national/update/0811/TKY200708110207.html

アダルト番組とみるか福祉番組とみるべきかで揉めたようだが、障害者だって生身の人間、聖人君子じゃござんせん。一般的に性欲は普通にあります。猥談だってやります。

助成金を出せとは言わないが続けるという判断は正しいと思う。


posted by アマサ at 22:07| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。