2007年07月25日

その後の辺野古〜平良夏芽牧師

沖縄・辺野古〜平良夏芽牧師の容態

胸の痛みを訴え救急病院に向かった平良夏芽牧師本人は、「これ以上は 酷くならないと思うので大丈夫」と語っております。

医師の診察では、軽い減圧症だろうとのことだそうです。
高圧力の場から普通の1気圧の所に急に戻るとなる症状で、血液
中の窒素が気泡となって血管を詰まらせたりする恐い症状です。ダイビ ングの場合は深い所から急浮上した時に起こります。海底で呼吸が出来 ずに一気に上がったので具合が悪くなったのでしょう。


http://www.labornetjp.org/news/2007/1185097322920staff01

「きっこの裏日記」に証拠写真
http://www5.diary.ne.jp/user/533673/

管理人も3、4回に過ぎないがスキューバの経験がある。急浮上は絶対禁止と注意を受けたのを覚えている。ダイバーは水中での事故などの際、助け合うものだと思っていた。プロのダイバーが故意に他者のバルブを閉めるなどとんでもない話だ。

写真・ビデオ、医師の診断書が証拠となることだろう。多数のブログや東京新聞・琉球新報で事件は既に報道・紹介されている。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-25642-storytopic-1.html

米軍基地建設のために日本国民を殺そうとすれば、ただで済むはずもない。




posted by アマサ at 18:38| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。