2005年05月30日

hands[沖縄]と「うるま」を読む

 沖縄フェア中のエブリワンで入手。hands[沖縄]、これも沖縄のタウン誌なんだろうか?ほとんど音楽専門誌になってて、中身濃い。表紙がHIGHandMIGHTY COLOR

 内容がオレンジレンジ、ティンクティンク、PANA 、gulff、dustbox 、大山百合香の記事、写真、インタヴュー・・ぜ、ぜーたくな雑誌だ!。こんなもん沖縄でなきゃ作れない。

その他の記事も面白い。
特になんじゃこれは!「パンティー展」!!「別館セルロイド」の一周年記念企画?総勢20名のうらわかき女子たちによる生パンティの展示会!?これもなんかアートの一種なのか?しかしギャラリーみたいなところで、どんな顔してみたらいいんだ?

沖縄ってスゴイ。

もう一冊「うるま」こちらは「沖縄の元気を伝える亜熱帯マガジン」とある。内容も方言とか沖縄の文化を伝えるものが多く、これは本土を意識しているのかも知れない。

日常会話フレーズから

「あがっ」
これは聞いたことがある。沖縄人の見分け方というコント。足を踏んであがっと叫んだら沖縄人。
「あいっ」
驚きや焦りから出る言葉。
熊本でいうところの「」らしい。

この他に驚いたのは、沖縄には方言教室や方言ニュースがあるそうだ。これは是非他県もやってほしい。熊本弁教室や関西弁ニュース。絶対面白いと思う。




posted by アマサ at 19:18| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。