2013年08月17日

モノすごい高くても売れてるモノ



 今日、書店で立ち読み。カメラ部門に25万円のコンパクトカメラ、262万円の一眼レフが載っていてたまげた。25万円出せば一眼レフのフルサイズ機が買えそうだし、262万円だせば中版カメラが買えそうだが機動性とかをよほど重視する人が買うんだろうか?そこそこのボディでレンズに投資するほうが良いような気がする。それでも売れてるってのはよほどお得感があるのだろうが、それが何か良く分からない。
posted by アマサ at 20:21| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/372262661

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。