2013年08月10日

「核」のイメージ

 それまであらゆる兵器は軍事目標を攻撃するために造られ使用されてきたが原爆はいきなり民間人に対して使用された。たとえ要塞であろうと戦艦であろうと通常兵器による破壊は可能だったのだから、最初から目標は軍事目標の破壊ではなかったと推測できる。実際、軍港だった呉や佐世保は通常兵器で破壊され、原爆は広島・長崎の民間人に対して使用された。その目的は敵国そのものの破壊。戦争の目的は軍事的政治的勝利であって敵国の破壊や消滅ではなく、ましてや民間人の殺戮でもない。「核」は何か存在そのものが狂気の産物に思える。
posted by アマサ at 00:16| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。