2013年07月10日

pixtaさんの写真タイトルが100文字までOKになった

 数十文字の長いタイトルの写真ってマン・レイの作品『「フェルナン・レジェの映画「バレエ・メカニック」のキキ』(26文字)ぐらいしか知らないんだけど、100文字必要な人もいるのかもしれない。小説や美術だとわりとある。

・村上春樹さんの小説「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」(20文字)
・美術家マルセル・デュシャンの作品『彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも』(23文字)
・ビジネス本:もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら(35文字)

究極は多分これ

『ロビンソン・クルーソー』の原題の訳

『自分以外の全員が犠牲になった難破で岸辺に投げ出され、アメリカ海岸オリノコ川の河口近くの無人島で28年間たった一人暮らしたヨーク生まれの船乗りロビンソン・クルーソーの生涯とその驚きに満ちた冒険。海賊に発見されるまでの一部始終を彼自身が書き記した』

(121文字)

読売

PIXTAさん冗談で長いタイトルのランキングとか出してくれないかな(笑)
posted by アマサ at 07:10| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368768268

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。