2007年03月21日

フィギュアスケート世界選手権2007男子SP TV観戦

全体に荒れ模様。織田君、緊張しすぎて糸が切れてしまったかのような演技で14位。

ランビエールもモチベーションの低下から前の大会を欠場していたそうだけど、世界選手権だけはと出てきたがコケまくって6位。

前回の雪辱を目指すジョニー・ウィアーは静かな闘志を感じさせいい演技だった。4位。

高橋大輔も適度の緊張感を保持した演技で3位。

ブライアン・ジュベールが迷いのない演技で現在トップ。

精神面がモロに結果につながる様な大会と感じた。4回転跳べるだけではどうにもならない世界になっているようだ。


posted by アマサ at 20:55| 熊本 | Comment(2) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰してます。
いよいよ世界フィギュア始まりましたね。全体的に自分の力を出し切った選手は上位二人以外いなかった気がします。トリノでは男子がフリーとショートでは順位がぐるっと入れ替わったので高橋選手には頑張って欲しいです。
Posted by haru at 2007年03月22日 07:55
haruさんコメントどうもです。
高橋選手やりましたね。久々の感動的演技でした。明日からの女子にドキドキです。
Posted by アマサ at 2007年03月22日 21:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。