2013年04月13日

2013フィギュアスケート国別対抗戦感想

 珍しく浅田真央選手がつらそうな表情だったので具合が悪いか怪我でもしてるのかと心配してしまったが、試合後のインタビューで「バテてしまって・・・」と言ってたので、それだけなら大事無いなと一応ホッとした。鈴木明子選手の演技は精霊でも降りてきてそうな雰囲気でこういうのを神がかりっていうのかと思ったら、本当に高い点数が出た。米国の女子二人も良かったし、カナダのオズモンド選手、フランスのメイテ選手、ロシアのソトニコワ選手と延びそうなのが大勢いて面白かった。団体戦はお祭りって感じがあって気楽に見れるのも良い。


posted by アマサ at 21:40| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。