2012年11月04日

作業所じゃ食えません

<就労障害者>公的支援含めても年収200万円以下99%
毎日新聞 11月3日(土)21時2分配信
 福祉作業所など就労支援を中心とした福祉サービスを利用している障害者の約99%が、障害手当などの公的支援を含めても年収200万円以下の「ワーキングプア」と呼ばれる生活水準にとどまっていることが、全国の障害者福祉施設でつくる団体「きょうされん」(東京都)の全国調査で分かった。なかでも年収100万円以下が半数以上を占める状況で、障害者の自立を取り巻く厳しい環境がデータで裏付けられた形だ。


毎日新聞 11月3日

というか一般就労できてるケースですら、地方の中小零細企業やNPO法人に就職している場合は、健常者含めて「ワーキングプア」していることが多い。親兄弟が亡くなった後の多くの障害者がどうなるかは国も考えたくないらしく、何か手を打っているという話は聞かない。重度の人は生活保護ぐらいしか方法はなさそう。俺みたいに障害者年金すらない軽度の障害者は食える仕事を見つけるか野たれ死にの2択(笑)


posted by アマサ at 06:56| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。