2006年10月22日

メーゲン

きっこの日記に

「これからの福祉は、お金を払って買うものだ」

と「障害者自立支援法案」を強行採決した時に生活保護制度担当、中村秀一社会援護局長が発言したというようなことが載っていた。

はぁ?!Σ( ̄□ ̄;

と思って「中村秀一社会援護局長」で検索してみた。

福井みち子のホームページhttp://fu-michi.seesaa.net/article/8451133.html
というのが出て来て、

参議院厚生労働委員会で、中村秀一社会援護局長は「サービスは買うものだ、それが新しい福祉の考え方であるという考えに基づいて、今度の法律は提案している。」と答弁をしています。

とある。どっかの市議さんのHPのようだ。

微妙に違うが、本当に言ってたのか!!

あのー、金がない人のためにこそ福祉ってあるんじゃないんですか?
(`ヘ´) プンプン


posted by アマサ at 17:26| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。