2006年10月08日

リハビリ期間限定について

診療報酬改定:リハビリ保険打ち切り 厚労省、実態調査へ 制度見直し視野に医療保険で受けられるリハビリの期間が、今年4月の診療報酬改定に伴い、最長180日間で原則打ち切られた問題で、厚生労働省は制度の見直しを視野に、その後の患者の状況について実態調査に乗り出すことを決めた。月内に調査を始めて年度内に結果をまとめ、中央社会保険医療協議会(中医協)に報告する。


http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/kenko/news/20061006ddm041100153000c.html

毎日新聞 2006年10月6日 東京朝刊

昨日の「みのもんたVS国会議員」という番組で、国会前で死んでやる!!と怒っていたお婆さんがいたが、その元凶がこれ。

誰かが負担しなきゃいけないんだとか問題ないとか居直る議員たちに、ゆうこりんが「じゃ、どうして、あのおばあちゃんは怒ってるんですか。」とつっこみを入れていた。

おいらゆうこりんを見直したね。意外とかしこいよこの子は。

実のところ管理人もこの間までリハビリに通っていたので、結構ヒヤヒヤものだった。なんとか日常生活に不自由がほとんどないところまでリハビリできたから運がよかった。それでも完治ではない。

180日間というのは軽めの人には十分な期間かも知れないが重度の人には不十分だ。現状維持のためにリハビリが必要な人もいれば、半年目ぐらいから効果が出る人もいる。

リハをすれば元気になる人をわざわざ障害者にして介護の費用を増やすのはどういうつもりなのかあきれるばかりだ。ちっ(怒った顔)






posted by アマサ at 13:45| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

介護報酬とは
Excerpt: 介護報酬とは、介護保険からサービス事業者・施設に支払う報酬の公定価格の....
Weblog: 有料老人ホームと介護福祉士−有料老人ホーム介護福祉介護用品介護館−
Tracked: 2006-10-09 09:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。