2012年01月27日

時代を象徴するのは誰?

松任谷 由実 春よ、来い


2009年の映像。わずか3年前はいつものユーミンだったが、2011年の紅白出場はあまり評判が良くなかったようだ。昔、ラジオで「美空ひばりは日本の復興の象徴で私は日本の繁栄の象徴」と彼女が語っていたのをなんとなく思い出した。彼女がもう今の日本の象徴でなくなってしまったことは確かなようだ。AKBって日本のサバイバルの象徴?中島みゆきの歌は日本の底辺の象徴って言ったら怒られるかな?早く生存競争の時代から復興の時代に移ってくれればと思う。戸川純ですら「復興への躍動」ってアルバム出してた時代が懐かしい。


posted by アマサ at 13:59| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まったく、思い出すだに、ひどいできでした。素人の域にまで脱してしまった感さえあり(音程の乱れ、振りのぎこちなさ、オーラのなさ)、それまで紅組有利だったのを、彼女の舞台で、もしやまた負けるのではとさえ思ったほどです。
やっぱりねえ、「生き方」がどうも彼女の場合、旦那さんに頼り切っているような、そんな気がするのです。結婚とともにアーティストを捨ててしまったのではないでしょうか。
Posted by あぱかちゃー at 2012年01月27日 17:21
当日、観てないのでなんとも言えないのですが、終わった後に泣いていたという話もあり、自分でもショックだったようなので、アーティストを捨てたというわけではないようです。ただ高度成長期やバブル期に全盛だったアーティストは時代の変化にとまどっているのかと思います。
Posted by アマサ at 2012年02月05日 19:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。