2006年09月30日

バンナ・崔洪万(チェ・ホンマン )を破る

 K−1で優勢を予想されたチェ・ホンマンがバンナに敗れた。いやー久々に見ていて面白かった。

なんというかバンナの集中が普通じゃなかった。相手のパンチ・キックが全て見えてるんじゃないかって感じで、ひょっとしたらゾーンに入るという状態で、スローモーションに見えていたのかもしれない。

それでも延長の末、判定勝ちだった。ホンマン頑丈!

ホンマンも武蔵もいない奇妙な決勝になったようだ。



posted by アマサ at 23:14| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。