2011年11月16日

ガラマンテス発見

リビアで繁栄した謎の文明の遺跡が素晴らしい保存状態で発見された。サハラ砂漠の複数の衛星写真に、リビア南西部の“失われた文明”によって築かれた100を超える要塞集落が写っていたという。

 このコミュニティーは高度な文明を持つ謎多き民族ガラマンテス(Garamantes)が作り上げ、紀元前後から500年ごろに存在したと推測される。リビア中部のフェザーン地方を支配していたガラマンテス人は、紀元前2世紀から紀元7世紀ごろにかけて繁栄した。


nationalgeographic

紀元前2世紀から紀元7世紀ごろっていうとローマ帝国と並行してるな。フェザーンっていうと「銀河英雄伝説」に出てくる自由貿易都市だが元はこれか?ローマとアフリカ内陸部の交易で食ってたのかな?砂漠の要塞都市ってバビル2世みたいで面白い。


posted by アマサ at 10:29| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。