2006年08月03日

プロレス化するプロボクシング?

昨日の亀田・ランダエタ戦の放送で試合前に散々亀田のパフォーマンスをみせられてげんなりしたが、あれってほとんどボブ・サップのパクリだよねー。フライパン曲げるのもそうなら、雑誌破るのもそう。

相手を挑発するのもそうならビッグマウスもそう。プロレスのヒール時代にボブサップが身につけ、K1時代にやってた芸を真似してるだけ。

プロレスラーがやってもニュースにならないがボクサーがやるとニュースになるのがなんとも珍妙。

元々ボクシングはリアルファイトが売りで、即興演劇がお約束のプロレスとは一線を画してきたが、いよいよプロレス型の興行をしないとやっていけなくなってきたんだろうか。

そのうち、シンや馬之助のようにサーベルや竹刀を振り回すとか、シークのように火を噴くとか、はたまた場外乱闘をやってのけるとか覆面ボクサーが登場するとかあるんだろうか?

前世紀にはプロレスのリアルファイト化という現象が起こり、そこからプライドやK1が生まれてきたが、今世紀はボクシングが演劇化していくのだろうか?

亀田のオヤジがアニマル浜口とダブって見える。良いとも悪いとも言いがたい。

だから、亀田のマナー違反をマジになって怒ってもしょうがないとは思う。若いのに立派な商売人だ。芸人としてはあれは正しい。アマチュアだったら噴飯物だが、興業の成功に貢献はしているようだ。

しかし、世界チャンピオンになっってしまった以上、過剰な演出はもう逆効果ではなかろうか?

そんなことしてる間に練習した方がいいというのが、今回の世間の反応のように見える。

ボクシングファンは今でもリアルファイトが好きなようだ。

今回の試合、八百長だったとは思わないが、余計なパフォーマンスはもういいというのが正直なところだった。必死の亀田の方がかっこいいと思った人も多かったと思う。

内容はともかく根性は見せてもらった試合だった。少なくとも筋書きや事前の打ち合わせはなかったと思う。

審判とTBSの間に何かがあったかどうかは情報がなくていいようがない。
そもそも八百長だったら”微妙な判定”にはしないだろう。


posted by アマサ at 14:23| 熊本 ☀| Comment(1) | TrackBack(2) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安藤さんこんにちは
ハリーポッターの新刊は持ってますが、まだ読んでないので、来月までに読みますね
また本の貸し借りをしましょうね!!
先週海水浴に行って日焼けして大変です(^^)
ブログ楽しみに読んでます
それではまた
Posted by 松岡誠也 at 2006年08月03日 17:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

プロボクシング
Excerpt: プロボクシングに関連するブログを集めてみました....
Weblog: キーワードマーケティング実験室
Tracked: 2006-08-03 21:49

茶番
Excerpt: 例のボクシングの試合、会社に泊まりだったので、見逃した〜 でも、ブログで記事を読む限り、胸焼けする試合だったようなので、見なくてよかったのかも。 あぁ、YouTubeがあるか。あれにきっと……..
Weblog: 1011
Tracked: 2006-08-04 06:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。