2011年07月15日

ドラゴン松本は『気分障害』だったそうだ

松本前復興相は軽い躁状態 九州大病院長が説明 2011.7.14 20:17

 九州大学病院(福岡市東区)は14日、記者会見を開き、11日から入院している松本龍前復興担当相の症状について「震災対策で心身が疲労し、『気分障害』が誘発されたとみられ、軽度の躁状態にある」と発表した。

サンスポ

いわゆる躁うつ病というやつね。この病気はうつよりも更に危険度は高いとされている。それにしても就任一週間で発病するほど大変なのか?!
posted by アマサ at 00:24| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/214876496

この記事へのトラックバック

「軽度の躁」では説明できぬ「九州B型」発言
Excerpt: ――解放運動の理念との整合性はどこに―― 放言問題で辞任した松本龍前復興担当相が、 入院先の九州大学病院で、 「軽度の躁(そう)状態」と診断されたようである。 確かに、 マスコミの目..
Weblog: 酒井徹の日々改善
Tracked: 2011-07-16 00:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。