2006年06月30日

地球に優しい自衛隊を・・小池環境相、防衛庁で講演

小池百合子環境相は29日、防衛庁で幹部自衛官らに地球温暖化問題で講演。
「自衛隊の二酸化炭素(CO2)排出量は数百万トンに上るのではないか」とした上で、

ハイブリッド戦闘機とか燃料電池戦車とか、

環境の観点からの発想は安全保障の面でも大きな効果をもたらすのではないか」

と”持論”を展開した。しかしあまりの奇抜さに反応はいまひとつだった。

(AP)
30日熊日新聞朝刊から

確かに奇抜だが、燃料補給の問題を考えるとあながち大ハズレでもないのかも。戦車の燃費は1リッターで700メートルと聞いたことがある。
石油に依存しない文明が出来ればシーレーンの心配もなくなる?




posted by アマサ at 10:31| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。