2011年02月21日

女子フィギュアで200点を超えた4人

 ミキティが史上4人目の200点台ってニュースでいっていた。浅田真央、キム・ヨナは容易に分かるとしてあと一人は誰?って思って検索してみたら、カナダのジョアニー・ロシェットだった。なんとなく意外だったが、肉親の死を押して地元で闘ったバンクーバーの時の記録だそうだ。キム・ヨナは228点というあり得ない点数を五輪で出してるけど、あれは未だに納得がいっていない。真央・美姫の点数はまともな評価だと思うから誇りにしていいと思う。相撲界ではないが、ハーディング事件以来、フリル・スピード・サスペンスと言われたフィギュア界の体質はまっとうになったんだろうか?



posted by アマサ at 23:04| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。