2011年02月03日

相撲界がまた騒がしい

 興行の仕事である以上、こういう話は相撲界に限らないが、相撲はルールがはっきりしたボクシング型の近代格闘技の要素とプロレス的なエンタティメントの要素が入り混じっている印象がある。八百長も確かに問題だけど“かわいがり”とかの前近代的な徒弟制システムの方が深刻な感じがする。日本型の徒弟制度は相撲界に限らず、様々な技術系の業界はてはサラリーマン世界にまである。技術はあまり伝えたがらず暴力が横行するのは、よく聞く話だ。死人まで出してる相撲界はそっちのほうを真剣に考えるべきだ。


posted by アマサ at 20:04| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。