2006年04月30日

タンザニア:イルカ、浜辺4キロで大量死 ザンジバル島

 アフリカ東部タンザニアからの報道によると、国際的な観光地として知られる同国東部インド洋のザンジバル島北部で28日、イルカ200−400頭が浜辺約4キロにわたって乗り上げ、死んでいるのが見つかった。死因は不明。

 イルカの胃袋は空っぽで、毒物とは関係なく、方向感覚を失っていた可能性があるという。

 政府は死んだイルカの肉を食べないよう国営ラジオで訴えているが、地元住民らは肉を切り取って自宅に持ち帰り食べているという。

 ザンジバル島は、さんご礁や白い砂浜で欧米諸国の観光客に人気がある。(ナイロビ共同)

毎日新聞 2006年4月29日 12時27分


カズハゴンドウ衰弱死
高萩
 高萩市の高浜海岸で二十八日朝、クジラのカズハゴンドウが波打ち際に打ち上げられているのを、通りがかった人が見つけた。通報を受けた消防署員らが救助活動に当たったが、衰弱が激しく、間もなく死んだ。

 このクジラは体長二・六メートル、体重二六〇キロ前後の成獣で、性別は雄。同日午前九時四十五分ごろに発見されたが、すでに自力で泳ぐことはできなかったという。

 死因を調べるため現地を訪れた、アクアワールド県大洗水族館の島田正幸海獣展示課長は「通常は数十頭ほどの集団で行動している。エサを追い求めているうちに浅瀬に迷い込んでしまい、方向感覚を失ったのではないか」と話した。 (生島 章弘)

中日新聞

2006年04月24日 別海町にミンククジラ漂着

 23日午前、別海町の野付半島ネイチャーセンター近くの砂浜にクジラが打ち上げられているのを、ホーストレッキングを楽しんでいた人たちが見つけて町に連絡した。同センターなどによると、発見されたのはミンククジラの雌ですでに死亡していた。 専門家が調べたところ、体長は約7メートルで若い成獣とみられる。体重は推定5―6トン。死んだ個体が波によって打ち上げられたらしい。野付半島にクジラが打ち上げられるのは2年ぶりという。死体は別海町によって処分される見通しだが、同センターの森田正治センター長は「頭部だけでも骨格標本にできたら」と話している。

釧路新聞

ストランディングの原因は、ソナーの影響とか水銀汚染とか色々言われているが多くは不明。


posted by アマサ at 05:24| 熊本 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | イルカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブログ専用のランキングサイトです。このランキングに登録してくださるブログオーナー様を大募集しています。良ければご自分のブログをご登録お願いします。たくさんの人に自分のブログを見てもらおう。
Posted by ランキング管理者 at 2006年04月30日 05:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。