2006年04月19日

失言の研究5

ブッシュの場合

光文社刊「不思議の国のブッシュ」から

我々は平和的な国家で、普通にちゃんと、そして楽しくやってたのに、突然攻撃されて、戦争になって、

しかし、平和を維持するために戦争になっているのである。

80年以降、2001・9・11までの米国の主な軍事行動
イラン人質救出作戦
エルサルバドル内政干渉
ニカラグア内戦干渉
グレナダ侵攻
リビア空爆
湾岸戦争(91年)
ソマリア侵攻(92年)
ハイチ侵攻
スーダン空襲
アフガニスタン空襲
コソボ空襲

平和的な国家で、普通にちゃんと、そして楽しく・・・空爆してた?。
ちなみにブッシュパパが大統領だったのは89年から93年。

こんなにたくさんの武器を持っていたなんて全然知らなかったよ・・・なんのために必要なんだ?

たまにはまともなことも言う。

ミリタリーバランス2002によると
米国の軍事力は当然世界最大で、2位から15位までを足してもおよばないという。

空母12、戦闘機2928、戦車7620、ICBM弾頭5400、巡航ミサイル1750・・・。


そして戦慄の発言

選挙に勝てたのは驚きだ。私は平和と繁栄、そして既存政権を敵に回して戦っていたのに。
2001年6月14日

いい間違いではなさそうなところが恐ろしい。

さらに9・11から3ヵ月後

いずれにしても、今年は私とローラにとってとってもステキな年だったよ。
2001年12月21日

そりゃ支持率は上がったろうけど・・・。

我々は我々のテクノロジーを、海外での不安を増幅させるために使うつもりである。

減少させるじゃなくて!?

今日ここに、ロナルド・レーガン空港から飛行機と発券カウンターが飛ぶようになることを発表する。

恐るべし、アメリカのテクノロジー!( ̄□ ̄;)


posted by アマサ at 10:02| 熊本 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 失言の研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。