2006年04月19日

新庄とショーン・コネリーとマルティネスが引退表明

日本ハム新庄が今季限りでの引退を表明

 日本ハム新庄剛志外野手(34)が18日、東京ドームでのオリックス戦後のお立ち台で、今シーズン限りでの現役引退を表明した。「みなんさんにご報告があります」と自らマイクを手にすると「今季限りでユニフォームを脱ぐことを決めました」。
 2回に、セラフィニから2号ソロを放った際には、広報から恒例の「打法命名」のコメントが回され「28年間思う存分、野球を楽しんだぜ。今年でユニホームを脱ぎます打法」と記されていた。さらに7回には満塁本塁打も放っていた。

[ 4月18日 日刊スポーツ ]

さすがに今度は本当に引退しそう。新庄大仏はどうなるんだろう?日ハムと北海道のファンは銅像たてるべし。

新庄語録―メジャーリーグ“ニューヨーク・メッツ”新庄剛志
新庄語録―メジャーリーグ“ニューヨーク・メッツ”新庄剛志



ショーン・コネリー、俳優を引退

ショーン・コネリーが、昨年AFIの生涯功労賞を受賞したのを機に、ハリウッドを正式に引退すると語った。コネリーは現在、腎臓腫瘍の切除手術を終えて回復中で、俳優としての最後の仕事は、アニメーション映画『ビリー・ザ・ヴェット』(原題)の声の出演となるよう。コネリーは「もう引退するよ。クリスマスから少々大変だったが、もう大丈夫だ。気分もいいよ。今は歴史の本を書いている」とコメント。『インディ・ジョーンズ』シリーズの第4作に出演するかもしれない、と期待がもたれていたが、残念ながら実現しないかもしれない。

[googleニュース]2006/04/18

新庄と同じ日に引退のニュースとは、寂しいがしょうがないね。

元ウィンブルドン覇者 C・マルティネスが現役引退を表明

日曜日、元ウィンブルドン覇者で今週末34歳になるC・マルティネス(スペイン)が現役引退を表明した。マルチネスは1994年にウィンブルドン優勝を果たし、1998年全豪オープン準優勝(優勝はM・ヒンギス(スイス))、2000年全仏オープン準優勝(優勝はM・ピアース(フランス))など輝かしい成績をあげ、1990年代にA・サンチェス=ビカリオ(スペイン)とともに、スペイン女子テニス黄金時代を築いた。

(2006年4月17日googleニュース)

引退って重なるものなのか?



posted by アマサ at 02:33| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。