2010年09月07日

カーネマン教授のカーネに関する研究

カーネマン教授は、米国人45万人以上を対象に調査会社が実施した電話調査のデータを基に、年収と幸福の関係を統計的に分析した。暮らしに対する満足度を10段階で自己評価してもらう「生活評価」の数値は、年収が増えるにつれ一貫して上昇した。

 しかし、「昨日笑ったか」などの質問で測る「感情的幸福」の度合いは、年収7万5000ドル(約630万円)前後で頭打ちになっていた。

 教授は「高収入で満足は得られるが、幸せになれるとは限らない」と結論している


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100907-00000496-yom-sci

逆に言えばビンボでも「感情的幸福」は得られるが満足できるとは限らないってことだな。
年収630万円ぐらいでしかものんびり暮らせたら両方得られるのかな〜?
posted by アマサ at 21:54| 熊本 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックありがとん♪

カーネマンさんって
金満って・・・
なんか出来すぎた名前ですよね〜
Posted by お多福 at 2010年09月09日 08:51
お多福さんどもです。同感です。カーネマンさんの収入が気になります(笑)
Posted by アマサ at 2010年09月09日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

カネで買えぬ?幸福感、年収7・5万ドルで頭打ち
Excerpt: カネで買えぬ?幸福感、年収7・5万ドルで頭打ち だってさ、日本円にすると650万...
Weblog: FX げっとん
Tracked: 2010-09-08 09:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。