2006年03月30日

失言の研究4

ショッカーな発言

・米共和党の超保守主義の女論客アン・コールターの場合

トーキング・プレジデントというトイメーカーから人形まで出ている有名人

この人の場合、失言と言うより暴言としかいいようがない。

「我々はやつらの国に攻め込んで、イスラム教徒を皆殺しにし、残りをキリスト教に改宗させなければならないのよ。」

「我々は第二次大戦ではヒットラーとその閣僚だけを懲らしめるのではなく、ドイツ全土を絨毯爆撃して一般市民を殺した。それが戦争ってものよ。今回も戦争なの。だからやるしかないの。」

「日本を爆撃して、原爆を落として、いっぱい殺したら日本人は羊みたいに従順になったわ」

「女性に参政権なんて与えるべきじゃなかった。そんなことするから民主党が勝ったりするのよ」


ここまで言われるとイスラム教徒ならアルカイダでなくても殺意を抱くんじゃないか?
日本人としてもキレそうになる発言。
俳優のショーン・ペンはアン・コールターの人形に火のついたタバコを押しつけたりして遊んでるそうだ。
あまりの発言に共和党からも相手にされてないらしい。

・「ロシア自由民主党」のジリノフスキーの場合

「アメリカはアラスカをロシアに返せ!」

「日本が北方領土返還を要求してきたら東京に核爆弾を落とす!」

「日本人が島を寄こせ、サハリンを寄こせといっている。そんなに領土問題を唱え続けるなら、北海道を取るぞ!」

「オホーツクは、ロシアの内海だ。日本には、魚を1匹も取らせない。北海道にロシア文化会館を建設しても良いが、こっちには必要ない。州内に外国人はいらない。外国人は来ない方がいいんだ。ロシア人がやりたくないと思っている汚い仕事は外国人を雇っても良いが、外国との経済・文化交流はやめるべきだ。仮に経済交流を進めるなら、ロシアの取り分は90%だ」

「もし日本がロシアのイラン方面への進出を支持するなら、千島列島に樺太とカムチャッカ半島つけてくれてやる。」

ロシア帝国の復活を目指してがんばっていたが、93年以降人気は下がり続けており、今や見る影も無い。今後の活躍は期待できそうもない。TVタックルに呼んで石原知事と対決させたい(笑)

ジリノフスキーの香水、ジリノフスキー・ウオッカというのも出てるそうだ。

昨年党大会で2008年の大統領選に出ると言ったそうだが勝ち目はなさそう。
世界征服を夢見るあほうは古今東西を問わずどっからかわいて出てくるようだ。


この二人に関してはまともに相手にしない方がいい。
自国の憲法と国際法ぐらいは政治家だったら尊重すべきだろう。


posted by アマサ at 06:41| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(1) | 失言の研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

一神教と多神教
Excerpt: 一神教と多神教の違いは、一神教が馴染む地域では一神教が説かれ、多神教が馴染む地域では多神教が説かれたという違いなのでは・・・
Weblog: 心の幸福と宗教の世界
Tracked: 2006-04-03 23:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。