2006年02月25日

“演歌界の荒川静香”宇多田ヒカルを抜いて1位に躍進

・“演歌界の荒川静香”こと上杉香緒里(30)が24日、荒川の金メダルに喜びを爆発させた。
 この日、都内で新曲「おんな酒」のキャンペーン巡りをしたが、興奮が収まらない。CDで作った金メダルを首から下げ「感動しました〜!金メダルの瞬間は、近所迷惑になるくらい絶叫しました。おめでとうございます!」と、荒川そっくりの笑顔で祝福の言葉を送った。
 荒川似の表情が話題になり、新曲は27日付オリコン演歌チャート&USENリクエストチャートで1位を獲得。「Yahoo!ニュース」のアクセス数(エンターテインメント部門)も1位に輝き、“荒川効果”で知名度はグングン上昇中だ。「荒川さんのおかげです。私も紅白に出られるように頑張ります!」。デビュー11年目、自身初の“金取り”も夢ではなくなってきたようだ。
(デイリースポーツ) - 2月25日11時21分更新

・荒川と“激似”と評判の演歌歌手上杉香緒里(30)も祝福した。早朝までラジオ番組に出演し、一睡もせずにテレビ観戦した。「その瞬間は『ギャー、やったぁー』って大声で騒いじゃいました。ご両親の涙につられ私も涙です」。荒川効果か、新曲「おんな酒」がUSEN歌謡曲リクエストチャートで宇多田ヒカルを抜いて1位に躍進。幼稚園から約10年間、器械体操をやった柔軟性を生かし、最後は荒川の必殺技「イナバウアー」で祝福した。(日刊スポーツ)

このブログでも、なにげに書いた”荒川静香にそっくりな演歌歌手”の記事にアクセスが殺到して不思議に思ってました。こういうことだったんですね。通常の数倍もアクセスがあって、本当にたまげた。

ううっ五輪終了後のネタどうしよう。短い夢だったなぁ(クロトワ風)


posted by アマサ at 16:10| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | どうでもいいニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。