2009年11月23日

フィギュアスケートGPファイナル進出者決定

女子の出場者は優勝2回の金妍児(キムヨナ)(韓国)と安藤美姫(トヨタ自動車)のほか、ロシェット、アリョーナ・レオノワ(ロシア)、アシュリー・ワグナー(米)と鈴木。男子は織田信成(関大)、エバン・ライサチェク(米)、ブライアン・ジュベール(仏)、アボット、高橋、ジョニー・ウィア(米)。


(2009年11月22日19時21分

読売新聞

 金妍児、ミキティ、ロシェットは順当としてレオノワ、ワグナー、鈴木明子はちょっとびっくり。
鈴木明子もミキティと同じように荒川静香の演技を見て「私も・・」と思ったくちだとTVで言っていた。改めて荒川静香って偉大だったなと再認識。村主も中野も真央もいない不思議なGPファイナルになった。もっともこの3人が出てたら6人中5人日本人であと一人が金妍児では欧米のファンが泣くところだった。五輪の枠が5人分くらいほしい。(笑)

女子も混戦だけど男子も織田、高橋、小塚みんな大成長している。とにかく怪我なくがんばってほしい。


posted by アマサ at 11:40| 熊本 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。