2006年02月12日

どうでもいいニュースその5

・自動車保険の請求理由

【ロンドン6日】凍ったリスが落ちてきてフロントガラスを直撃、冷凍のケバブ(トルコなどで有名な肉料理)が開いたドアから飛び出し他の車を損傷ー。英大手保険会社によると、昨年あった自動車保険の保険金請求のうち、一風変わった請求理由の上位を動物、食べ物にまつわる事故が占めた。

上位10位の中には「木から凍ったリスが落ちてきてフロントガラスを突き破った」「カーブを曲がっていたらドアが開き、飛んで出た冷凍ケバブが他の車を損傷した」「停車中の車に農業展覧会から逃げてきた牛がぶつかった」「ブレーキにじゃがいもがつっかえて制動がかけられなかった」「信号待ちの時、ハチが脚に来たためアクセルを踏んでしまい、前の車にぶつけた」などといったものがある。

保険会社の担当者は「動物や食べ物にまつわるものが多くて驚いた。ドライバーに、走行中は飛んでくるケバブや凍ったリスに気をつけなさいとはとても言えないが、常に身の回りの状況を認識することが大事」と話している。〔AFP=時事〕


 阿蘇方面では道路に寝そべる牛や横切る馬に注意して運転しよう。(本当にいます)

・バービー、ケンと復縁
[ニューヨーク 9日 ロイター] 世界で愛されている人形のバービーが、2年前に別れた元ボーイフレンドのケンと「復縁」することになった。米玩具大手マテルが9日、明らかにした。

 マテルは2004年2月、バービーとケンは互いに別々の時間を過ごしたいとして、43年間の交際にピリオドを打ったと発表していた。
 バービーと別れた後、ケンはジムに通ったり、スタイリストの手にかかるなどしていたもようで、ボードショーツに白いTシャツというビーチウエア姿を披露している。
(ロイター) - 2月10日

ケンって日本人?

・僧侶だって労働者
長野市の善光寺の僧侶ら9人が、個人加盟できる労働組合に加入し、寺院内に独自の分会を結成した。分会は「今後、賃上げなどの交渉を行いたい」としている。

 僧侶を中心にした寺院内労組は全国的にも珍しく、労働団体の中央組織も「以前は大阪にあったが現在はない」(連合)、「聞いたことがない」(全労連)などと話している。
(読売新聞) - 2月11日

坊さんだってメシは食う。

・高市早苗衆院議員のストーカー逮捕
 自民党の高市早苗衆院議員(44)に一方的に好意を抱き、ファクスを繰り返して送り付けるなどしていたとして、ストーカー規制法違反の疑いで男が警視庁に逮捕されていたことが十日、分かった。
 逮捕されたのは、埼玉県飯能市の無職、山崎義雄容疑者(52)。

(産経新聞) - 2月11日

渋い趣味のストーカー。


・育毛剤ドーピング事件
 【トリノ10日時事】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は10日、育毛剤の服用でドーピング(禁止薬物使用)の疑いが持たれていたスケルトン男子の有力選手、ザック・ランド(米国)に対し、1年間の出場停止処分を科すと発表した。これにより同選手のトリノ五輪出場は不可能となった。米国オリンピック委員会(USOC)も処分を受け入れたことを明らかにした。(時事通信)

類似事件?としてヅラのボクサー事件があったっけ。


・阪神、投手陣に打率1割クリアを厳命
阪神・岡田彰布監督(48)が、沖縄・宜野座キャンプ休日の10日、投手陣に打率1割クリアを厳命した。昨季はリーグ優勝を遂げたものの、ここ2年間は9人目の野手がバットをもって1割未満の体たらく。キャンプ地に隣接する新ドームで打ち込ますことで、攻撃力をより高まる。連覇のカギは、9番打者の意外性も握っている。(サンケイスポーツ)

おいおい、大丈夫か?投球に専念する方が正解だと思う。今やピッチャーを当てにするほど、打線も貧弱じゃないはず。まあピッチャーが打ちまくったり、打ちまくられたりの面白い野球が阪神かもしれないが。


posted by アマサ at 07:02| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | どうでもいいニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。