2006年02月11日

千葉県の海岸に子供のシャチ漂着

2月10日午後3時半ごろ千葉県御宿町(おんじゅく)の岩和田海岸の波打ち際に、シャチが乗り上げた状態になっているのを近所の住民やサーファーらが見つけ、町役場などに連絡した。鴨川シーワールドの職員らが保護して運んだが、瀕死の状態という。

 鴨川シーワールドによると、シャチは体長約4メートルで、四歳前後の子どもと見られる。シーワールドの粗一誠館長は「シャチは太平洋などに生息し、普段は家族で行動するが、このシャチは相当やせていることから、病気などで群れからはぐれたのではないか」と話している。

2/10熊日新聞



千葉・御宿町の海岸に打ち上げられ、鴨川シーワールドに保護されていた子どものシャチが死んだ。
10日、御宿町の海岸に子どものシャチが横たわっているのをサーファーらが発見し、鴨川市の鴨川シーワールドで保護していた。
その後、シャチは自力で泳ぐことができず、係員がプールに入っての治療を続けていたが、13日夕方に死んだ。
大きな外傷はなく、死因は不明だという。


posted by アマサ at 12:10| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イルカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。