2006年02月08日

どうでもいいニュースその3

・両さんの銅像完成

人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(秋本治さん作)の主人公・両津勘吉巡査長の銅像が、富山県高岡市で完成した。
 連載30周年記念にと、地元の亀有商店街協議会が銅器製造販売の竹中製作所(高岡市)に依頼した。秋本さんのデザインで、役柄にあわせ“身長”163センチ。
 銅像は11日にJR亀有駅前に“着任”する。長寿連載と両さんの元気さにあやかり、同社は「伝統産業の高岡銅器も末永く栄えてほしい」と話している。【柳沢和寿】
(毎日新聞) - 2月7日10時6分更新

いいなあ。九州も負けずに、博多に六道神士「エクセルサーガ」のイルパラッツオやエクセルの銅像を立てるとか、阿蘇に「頑丈人間スパルタカス」の力○山の像を立てるとか・・・マイナーすぎて意味なしか。

・「新庄大仏」お披露目 豪華パンツ着用

日本ハムの新庄剛志外野手(34)が6日、キャンプ先の沖縄県内のホテルで高さ4・5メートルの「新庄大仏」のお披露目会見を行った。CM出演する下着メーカー「グンゼ」の06年キャンペーン用に制作された巨大リアルマネキンで、100万円の豪華パンツを着用。今季「セクシー」をテーマに掲げる新庄野球の象徴となりそうだ。
 
沖縄の白い浜辺のリゾート地に、突如、ナゾの巨大像が出現した。
「今日はすっごいのを見てもらう」と予告していた新庄だが、除幕を終えると「こんなデカいとは思わなかった。代わりに札幌で守ってもらおうかな」と大喜びした。

昨年、同社CMキャラ就任時は、等身大のリアルマネキン30体が登場したが、今度は仰天の”新庄大仏”。高さ4・5メートル、重さ155キロ。はいている巨大ボクサーブリーフだけで100万円。総制作費1500万円という。

(デイリースポーツ)

ひゃくまんえんのパンツ・・・。拝んだら、なんかご利益があるのだろうか?


posted by アマサ at 08:55| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | どうでもいいニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

I love 亀有
Excerpt: 両津勘吉の銅像が亀有駅の北口にできました。 今日が除幕式だとふと思い出してバレンタインのケーキの材料を買いに行きがてら、見に行ってしまいました。 最初見つからなくてもしかして亀有公園にあるのかと勘..
Weblog: untitled
Tracked: 2006-02-11 19:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。