2006年01月26日

道州制区割り3案

昨日の熊日新聞に、政府の地方制度調査会の専門小委員会による素案が載っていた。9道州制、11道州制、13道州制の3案。

9道州制案はシンプルに北海道、東北、北関東信越、南関東、中部、近畿、中国・四国、九州、沖縄に分けるもの。

11道州制案では北海道、東北、北関東、南関東、北陸、東海、近畿、中国、四国、九州、沖縄とし、13道州制案では、さらに九州、東北を南北に分けている。

これに加えて3案とも東京を単独の道州とする案が想定され、6案となっている。

他の地方のことはよく分からないが、九州に関しては南北に分けないほうがいいと思う。九州全体ですら、GDPは日本の一割ぐらいしかない。その半分くらいは福岡1県が占めている。

熊本、宮崎、鹿児島の南九州3県併せても、福岡1県にすら遠く及ばない。南北九州で巨大な経済格差が出来てしまう。

その上、南九州3県は交通の便が悪い。熊本ー宮崎間の飛行機すらない。地理的に一体化は意外と難しい。最低限、熊本ー鹿児島間の新幹線全線開通と宮崎を縦断する高速道路くらいないと、一体化は困難だろう。方言からみても、宮崎は大分の、熊本は福岡の言語圏、鹿児島はどちらにも属さない。言語からみたら九州は東西に分けるほうが、まだしも無理がない。いっそ一つにまとめて西海道とでも呼んだらいいのでは。

それにしても素案は何を基準にしているのだろう。経済でも文化でも交通の便でもなさそうなのが不思議だ。


posted by アマサ at 00:13| 熊本 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
道州制でおそらく九州で一つになると思いますが、これは熊本市が州都を誘致しようとやっきなのと、北陸よりはうまくやれそうということで「こういうのも可能」という一案でしょう。なお日本道州制研究会の方でこういう問題研究しています。会の案内以下から
http://blogs.yahoo.co.jp/zenikinnyama/3472123.html
Posted by 山中鹿次 at 2006年01月31日 11:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。