2009年05月27日

TVでボクシングとDREAMを観戦

内藤 判定で5度目防衛も「情けない」

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦は26日、東京・ディファ有明で行われ、チャンピオンの内藤大助(宮田)が同級10位の熊朝忠(中国)を3―0の判定で下し、5度目の防衛に成功した。


http://www.sponichi.co.jp/battle/flash/KFullFlash20090526113.html

11R以降は内藤が圧倒。相手は中国版「はじめの一歩」みたいな選手でやたらと頑丈なインファイターだった。内藤終わった後、しょっぱい試合ですいませんとファンにあやまっていたが十分面白かった。

DREAM 2009年 DREAM.9 フェザー級グランプリ2009 2ndROUND

2009年5月26日 神奈川・横浜アリーナ 17:30開始
▽スーパーハルクトーナメント 1R10分、2R5分
ミノワマン
(フリー) VS ボブ・サップ
(米国)

変形アキレス腱固めでミノワマンの勝ち。しょうもない。
それでも殴り合ったらサップが勝ちそうな気もする。体重差ありすぎ。 147s VS 89sの戦い。

▽スーパーハルクトーナメント 1R10分、2R5分
チェ・ホンマン
(韓国) VS ホセ・カンセコ
(キューバ)

意味が分からない試合。何で大リーガーがホンマンと闘う?バット持って闘うのかと心配してしまった(笑)
必死に逃げ回るカンセコをホンマンがとっつかまえてボコボコ。当然の結果。

▽ライト級ワンマッチ 1R10分、2R5分
川尻 達也
(T-BLOOD) VS J.Z.カルバン
(ブラジル)

どちらも組んでよし殴ってよしで器用な人たちだった。
川尻ツオイ。

▽フェザー級GP2回戦 1R10分、2R5分
所  英男
(チームZST) VS エイブル・カラム
(米国)

所の試合やっぱり面白い。相手の頑丈人間ぶりもすごかった三角締めに2分ぐらい耐えてはずしていてあきれた。
最後はチョークスリーパーで所の勝ち。

▽フェザー級GP2回戦 1R10分、2R5分
ジョー・ウォーレン
(米国) VS 山本“KID”徳郁
(KRAZY BEE)

怪我から復帰の山本“KID”がまさかの判定負け。ま、ボチボチ復活するでしょ。次は打撃でボコボコにしてくれると思う。

http://www.sponichi.co.jp/battle/dream/2009/result/0526/index.html


posted by アマサ at 00:42| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 格闘技 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

大魔神 佐々木 vs. ホセ・カンセコ 野球
Excerpt: 2009年5月24日の横浜-楽天戦での始球式です。 あの大魔神 佐々木 vs. ホセ・カンセコ (Jose Canseco)なんですが、 どっちも楽しんじゃってますね。 ホセ・カンセコは20..
Weblog: スポーツ新聞〜you tube〜
Tracked: 2009-05-27 08:39

この程度なのか?
Excerpt: 山本“KID”徳郁が昨日、DREAMで512日ぶりに復帰したのですが、ジョー・ウォーレン選手に判定負けで敗れてしまいました。 よそのサイトの書き込みを見ると、妥当だったとの見方が多いようでしたが..
Weblog: ton’s news
Tracked: 2009-05-27 11:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。