2008年08月16日

怪しいオブジェその2 水晶原石

水晶1.JPG

 カムパネルラは、そのきれいな砂を一つまみ、掌にひろげ、指できしきしさせながら、夢のやうに云ってゐるのでした。
「この砂はみんな水晶だ。中で小さな火が燃えてゐる。」


「銀河鉄道の夜」から

水晶は石英のなかで無色透明なもの。二酸化ケイ素 (SiO2) の結晶。六角柱状のきれいな自形結晶がよく見られる。

これは、いつごろ入手したのかよく憶えていない。「ヒマラヤ産の手掘りものだよっ」ていわれたのは憶えている。

呪術的にはすごいパワーがあるそうだが、よく分からない。ただキレイなので気に入っている。



posted by アマサ at 19:41| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 怪しいオブジェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。